スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飲み会で友人Uが倒れる★

P1000263.jpg

初日の夕方、先輩隊員の計らいで「夕食会」があった。
調整員の方から、「まだ、体が高地に慣れていないから、お酒は飲まないように!」
と、言われていたにもかかわらず。多くの新入隊員が飲酒。
私は全く飲めないので、無難にコーラ。

1時間くらいたったころか、後ろから「ドタン!!」という物音が聞こえ。
振り返ると友人Uがあおむけに倒れていた。
意識もなく、一時は騒然となる。
しかしながら30秒後には意識が戻り、むっくりと立ち上がる。
皆、「よかった~~。」と胸をなでおろす。
先輩隊員の方々は、電話で駆けつけた調整員の方々に叱られ、間もなくお開きに。。。

前夜の睡眠不足と高地順応がまだできていない中での事故だったと思われる。
私は3日たった現在も、まだ階段を上ると息切れしたり、午後には体がしんどくなる。
標高が高い中での生活は思ったほど甘くない。
標高2300mといえば、富士山の6合目くらいだから、やっぱりやむ負えないんだろうなあ。

(写真は、「エチオピア・アワサワイン」。安いわりにいけるんですことれがまた)

スポンサーサイト

痛い注射★

注射を打ちに、皆でオフロードカーで30分離れた病院に行く。
ここは外国人専用のプライベート病院で、受診料がめちゃ高いらしい。
訓練所では毎週火曜日に1本ずつ予防注射を打っていたが、
今回は一度に「2本」
その日の午後は、痛みで腕が上がりませんでした。。。

ネット環境について★

P1000240.jpg

じつのところ、よい機会だから「スカイプ」でも始めようか、なんて考えてた。
甘かった。。。
ネット環境はダイヤルアップのみで、激遅。


それより何より、1日おきの停電。。。
ここは首都のはずなのに、なんだそれって感じ。

困るのは、「洗濯」
何年振りだろう、たらいで洗濯をしたのは。
インド旅行以来??
最近は個人旅行でも、ホテルのランドリーサービスとか使っていたからなあ。
でも、ゆっくり、地道に洗濯をするのは案外楽しかった。
しかし、これが3日おきに続くのを考えると、やっぱり、しんどいかも。。。

(写真はドミトリーのPCルーム)

★追記★インターネットはドミトリー隣の「KZホテル」が無線LANを備えており、レストランでお茶を楽しみながらブログの更新ができる。
最近ではCDMA方式による接続もスタートし、ネットの接続も快適になりつつある。



現地食(インジェラ)について★

M調整員のはからいで、自宅にて昼食をご馳走になる。
さっそく、現地食「インジェラ」のおでまし。

色はダークグレー、見た目は厚めのクレープの皮
くせものなのはその味。
口当たりは良いのだが、あとに残る「酸味」。。。
これは、慣れるには時間がかかりそう。

インジェラの付け合わせ「ワット(インジェラをつけて食べるシチュー)」は、おいしい!!
それがせめてもの救い。

最後にエチオピアコーヒーとポップコーンをおいしく頂きました。
ありがとうございました。

JICA office ★

ミニバスに揺られて、町へ
雰囲気は東南アジアの一途上国と変わらない。
取り立てて異なるところといえば、
1)信号がほとんどない。
2)坂がやたらに多い
3)バイク、二輪車がほとんど見られない。
4)排気ガスがとりわけひどい

まず、荷物をドミトリー(当座の住居)に移動してから、オフィスにあいさつ。
各調整員の方々、現地スタッフにあいさつ。
来週からはここの会議室にて、現地語である「アムハラ語」の研修を受ける。

いよいよ、現地活動のはじまり、はじまり~~~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。