スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドミトリー(隊員宿舎)紹介★

外観(ザバさんが24時間警備にあたっています。門はいつも鍵が閉まっていて、呼び鈴で呼ぶと内から開けてくれます。)
P1000209.jpg


玄関(向かって左が喫煙場所)
P1000212.jpg


リビング(壁一面にすごい数の蔵書です。先輩隊員に感謝。)
P1000196.jpg


共同台所(同期に料理が得意な人が多くて助かりました。おかげで良い勉強になりました。)
P1000187.jpg


男性部屋(2段ベッド×3個あり。意外にダニ・ノミがいるらしく。皆でボリボリ書いていました。)
P1000198.jpg


洗濯部屋(日本では見なくなった二槽式洗濯機、いまだに大活躍です。という前に、エチオピア人の一般家庭には洗濯機はありません。富裕層でもマミちゃん(お手伝いさん)を雇っているために、わざわざ備える必要はないということ)
P1000191.jpg


およそ2カ月にわたっての21-1同期の住居。
お世話になりました。。。
そういえば、前隊員総会で「ドミトリー管理員」になったんだった。

もうしばらく、積極的に携わることになるでしょう。
しっかりやります!!
スポンサーサイト

新居紹介★

今回はカメラが手元に戻った記念に、写真をたくさん使ってみました。

外観(アメリカ大使館?(米関係施設)の隣のためセキュリーティは万全!!)
P1000229.jpg


中庭(兼洗濯物干し場、よく玉ねぎやトウガラシが干してあります。)
P1000226.jpg


玄関(階段を上がって2階が入口)
P1000228.jpg


リビング(兼勉強部屋。ありがたいことにケーブルテレビ?が見れます。BBCやアルジャジーラなんかも普通に見られて、英語の良い勉強になります。)
P1000215.jpg


寝室(ちょっと暗いのが難。でも、ベットにダニ・ノミが全くいないので快適に眠れます。それが一番大事!)
P1000217.jpg


レストルーム(シャワーのお湯がほとんど出ない(コップ1杯のお湯を得るのに約1分。)ので、鍋のお湯をバケツにためて、水浴びです。まあ、どんな家でも一長一短。)
P1000219.jpg


台所(ナベやフライパン、食器などがそろっているのが助かります。冷蔵庫があるが未だに2日に1日が停電なので、当てにするのは危険!!)
P1000221.jpg


Jica規定で、住宅月額が決まっているが、日本では常に月額3~4万円の質素な所にしか住んだことのない私にとっては贅沢の極みのような・・・

その分、お仕事しっかり頑張ります♪

引っ越し★(8月29日)

体調がなかなか回復せず、家探しがいっこうに始められずにもどかしく思っていた.
しかし、ブローカーに紹介を受けて、1件目ですぐに契約合意。
翌日にはセキュリティーのチェックを済ませ、翌週には引っ越し決定。

おそらく、希望エリアが町中で、物件も多かったせいもあるだろうが、1か月以上にわたり、いくつもの物件を見て回っている同期を見ると、こういうのもタイミングなんだろうなと思う。


今日で引っ越して3日目だが、寝付きや目覚めも非常に快適。
ドミトリーでの共同生活もそれはそれで楽しかったが、やっぱりなんだかんだで他の人に気を使って生活していたんだろうなと思う。
この物件は家具つきなのだが、やはり、細かい生活用品の買い足しが必要で、ここ数日はお店めぐりの日々だ。
P1000213.jpg


スーパーでは値が張るものも市場では格段に安かったりする。
たとえば、プラスチックのまな板がスーパーでは、150ブル(約1500円)が市場では25ブル(約250円)。

若干品質が劣るものの、利用しない手はない。


しかしながら、どうしても手に入らないものも存在する。
たとえば「お箸」。

確かに、エチオピア人には無用の長物だったりするが、日本人には必須だ。
料理の際にも、ついつい「えーっと、菜箸どこだったっけ?」と探してしまう。
長年の習慣は恐ろしい。

理数科、模擬授業練習★(8月21日)

IMGP0523.jpg

エチオピアの学校隊員は、エチオピア新年(9月11日)が明けるまで、実は仕事が無い。。。

1か月余りの現地語訓練が終わってから、週に1回のペースで模擬授業の演習を重ねている。
私は現地語訓練終了後、体調を崩していたので、参加していなかったが、ようやく復活できたので、しばらくぶりに理数科の模擬授業に参加した。



今回のテーマは「顕微鏡」
NTCでは、「生徒に興味を持たせる授業」をテーマに組み立ててきたが、今回は、現実に即して、教科書通り進めることにした。
やってみて思ったこと
「意外に、いけるかも。。。」

今回は、日本でやっていたように、
   授業プラン・・・イメージのみ
   準備物  ・・・「板書案」
            説明のための「顕微鏡の拡大図」
            「レーウェンフックの顕微鏡モデル」


それだけでも、スムーズな授業展開ができた。



ただ、準備不足を感じたのは

1)説明のための「動詞」
専門用語などの「名詞」は教科書に出てくるが、それを噛み砕いて説明するとどうしても動詞を多用することになるが、その際に適切なセンテンスが出てこないことがある。
そのあたりの説明をあらかじめ、一定量は用意しておく必要があると感じた。

2)単語のスペル練習
専門用語の説明は板書にて行うことが多い。そこで、単語のミスがあっては格好悪い。しかし、メモを見ながらではあまりスマートではない。
時間の余裕がないのは確かなのだが、あらかじめ、単語練習をしておき、すらすら書けるに越したことはないと思った。


反省点は次回に生かすとして、数か月ぶりにやるにしてはうまくいった気がする。
後は、生徒のレベルがどの程度かということ。

まあ、それは、新学期以降の楽しみとしましょう。

続きを読む »

銀行口座の開設★(8月21日)

現地生活費、住宅費の振り込みを受けるためには、「現地銀行口座」の開設が必要。

<必要書類>
・外国人登録証
P1000204.jpg

・50USD

一週間前に、申請しておいた口座の確認に出かけてきた。
そこでもらったのが、「小切手帳」

日本ではお金の引き出しに、「クレジットカード」もしくは「通帳、印鑑」が使われるが、ここエチオピアにそのようなものはない。


<手順>
1)銀行の窓口にゆく
2)「小切手」に必要な金額を書き、サインを裏書きする。
P1000203.jpg

3)窓口職員が、コンピューターで、サインを確認。
4)必要な現金が手に入る。



原始的だが、これが最も正確なのかも
ただ、支店が限られているため、引き出すのが結構手間。
まま、それくらいの方が、お金のありがたみが分かるかな。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。