スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理数科プラン(10月17日)★

先輩隊員のNさんが、用事で首都に上がってきたついでに理数科の会議実施。

1)実験ハンドブックについて

前回ジャパンフェスティバルで作った「実験ハンドブック」の出来が、思っていた以上によかった。それで、
・一定のフォーマットを定める。
・出典(書籍やHPなど)を添える
・教科書への対応票をつける(例えば、Physics G7 (P8~9) [Change of state])
などし、もう少し精度の高いものにして、保存しようということが決定した。


2)理数科コンペティションについて
活動の最終目標の一つは「エチオピアの工業化」
そのために、H調整員から「【ロボコン】などのコンペティションはできないか?」とNさんに依頼が来たらしい。
ただ、現在の理数科隊員の派遣の中心は「小学校」。
派遣先が、大学、高等専門学校、高校などであれば、配属先の生徒を巻き込んで、何らかの提案ができたかもしれないが、自分の配属先の仕事以外に、出張しての活動は、なかなか難しいのではないか。という結論に至った。
もし、各学校をフリーで回れる、教育委員会に属した隊員が派遣されるのであれば、なんらかの援助はできるだろう。


3)学校外活動について
先ほどの「コンペティション」を将来的にすると見据えて、今何ができるかを考えると、まず、「JICAの【理数科ボランティア】の知名度を上げること」
そのための手段として、
・新聞の文化欄などで「親子でできる簡単実験」のコーナーを設けてもらえるように、新聞社に売り込む。
 →アジス市内にある、約10の新聞社のうち、1社くらいは取り上げてくれるのではないだろうか。そこから、ETV(エチオピアテレビ)への出演へとつなげてゆく。
・テレビへ売り込む際には、事前に自分たちで、15分の番組を何本か作ってゆくと、見てもらいやすいし、インパクトも強い。その【コンテンツの作成が私の担当】になった。

★実は、G9から始まる理数科の「プラズマテレビでの授業」には、授業間の休み時間のための「空白」がある。そこに理数科に関する何かを流してもよい。という許可はもらっているらしい。試しに、そこで反応を見つつ、ETVへとつなげてゆくのも手である。


発想ばかりが膨らむが、一体、手の届くのはどの範囲か?
ただ、日本で同様のことをやるよりは、手の届く範囲が広いのは確実だ。

本の整理(10月17日)★

段ボールたち

廊下にずらっと並んだ段ボールのうち、日本からのお気に入りの蔵書は約3箱。
徐々にほこりがつもってき始めたので、整理した。

1か月ほど前から、竹細工店から高級スーパーから見て回り、よさげな本棚をピックアップ。
昨日、ようやく購入。
組み立てに2時間。

ドミトリーにて理数科の会議が終わり、帰宅後
真夜中に、本のセレクション、段ボールからの入れ替え。

「そんなに、ドタバタして、近所から苦情はのないの??」
と思われるかもしれないが、この国に騒音公害という概念はない。
現に、今深夜の12時過ぎにもかかわらず、近所のイスラムのモスクからは、大音量で、「コーラン(?)」が流れている。

何かの特別な日なんだろうか。
大家は、オーソドックス(エチオピアのキリスト教)なので、よく分からない。

とりあえずは、ひと段落ついたので、本日はここまで。

P1000871.jpg



本の購入(10月17日)★

P1000869.jpg

調べ物は、たいていがインターネットで済ませてしまうが、
どうしてももう少し、体系艇的に深く学びたい!!
と思った時には、Amazon(http://www.amazon.co.jp/)で本を購入する。


その1)一度にたくさん(10冊以上)購入の場合

・「ショッピングカート」に本をため込む。
・「お届け先選択」の項で、「国外の住所入力」を選び入力。
アジアでは、配送料1900円、手数料(1冊につき)300円なのだが、
アフリカでは、配送料4400円、手数料(1冊につき)300円かかってしまう。
*ただし、「私書箱(PO Box)への発送は承っていない。」とHPには明記されている。
・クレジットカード情報入力
・確認→完了

しかしながら、途上国では家へ配達してくれる制度が整っている国が少なく、ほとんどが郵便局の私書箱(PO Box)を利用する。エチオピアの場合もそうだ。
しかし、そこへの配達はできないらしい。
ということは「私書箱(PO Box)への配達は不可。」=「Amazonからのエチオピアへの発送は不可」といことになる。

★先月、同期のTさんが、無謀にも、「Amazonからの海外の私書箱(PO Box)への発送」にトライした。結果はOK!! 荷物も無事届いた。
う~~ん、どうなっているんだろう。たまたま、運が良かっただけなのか。。




その2)数冊のみ購入の場合

・「お届け先選択」を、実家にして「完了」。
・実家からは、他の荷物とともに、送ってもらう。

最近は、楽天市場(http://www.rakuten.co.jp/)でも、海外発送をあつかう店舗が増えてきている。

どうしても、これだけは。。。
という場合には、利用してみてはいかがだろうか。

写真は、先日、日本から届いた本たち♪(金属などの材料加工の本など)


化学 状態変化(10月16日)★

今日は化学で「状態変化」を行った。

氷を見せる
「これは何?」→「アイス」
ガスコンロをさして、
「これは何だ?」→「クッキングヒーター」
「アイスを加熱すると何に変わる?」→「リキッドウォーター」
実際に、氷を鍋に入れてコンロに火をつけ加熱する。
しばらくたったところで、氷がとけてきているところを生徒に見せる。

完全に溶けてから
「リキッドウォーターを加熱すると何に変わる?」→「ガス(気体)?」
「気体になった水を何というんだ?」
手を挙げた生徒に当てる。→「スティーム」
「すごい!!。よくわかったね。」

ソリッド(固体)、リキッド(液体)、ガス(気体)の説明をした後
ちょうどいい具合に、沸騰してきた鍋を示して
「鍋の上方に、白いものが見えるか?」→「イエス。」
「今、水は沸騰している。液体から気体に変わっている。」・・・

な~んて、感じでやった。


やっぱり、ものがあると生徒の食い付きが違うね。
興味しんしんで、見ようとする。
授業の最後には、拍手まで沸き起こった。


次は、何を見せようかな。
題材が多くある単元は選ぶのが大変。

おなかの調子が・・・(10月14日)★

P1000867.jpg


胃のあたりが差すように痛い。。。

確か、土曜日のウェディングの食事では「クトフォー、ラブラブ(細かく切った半生肉)」を食べたっけ?
でも、あの後は大丈夫だったし。

じゃあ、日曜日の夕方食べた「チーズバーガー」か?
思い返せば、チーズの周りが酸化していて、透明がかっていたかも。

で、月曜日の昼食に胃腸の調子が良くないにもかかわらず、「ドロワット(チキンの超辛いシチュー)」を食べたっけ。


思い返せば、全てがなんだか、「腹下し」の原因に思えてくるところって、途上国の食環境らしい。

結局、その夕方から、頭痛と微熱で全くものも食べられず2日間の欠勤。
健康管理センターから支給された。日本の薬に御世話になりました。

でも、こういうときって「胃腸薬」、それとも「整腸剤」?



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。