スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霰(あられ)★

P1030315.jpg


最近天気の移り変わりが激しい。

いつもは、午前に晴れても、天気は夕方まで持つのに
今日は昼近くから曇ってきて、正午ぐらいに雨が降り始めた。




一時的に、霰も混じった本格的な降り方。
用事でドミトリーに来ていたので、帰りのミニバスを拾うのに苦労した。

明日は、友人と「理科実験用具店」に手買い物の予定、
天気が良いといいのだけど


☆写真は雹(ひょう)もしくは霰(あられ)まじりの雨
スポンサーサイト

ありの巣??★

P1030307.jpg


やーー、気持ち悪い。。。

校長は「ありではない!!」と断言していたが
「何だこれ??」
見たところ、この調子では、筒状の巣ができそうだ。



たまたまできた場所が、花壇だったため、
できたところから潰していたが、
この後、どんな形に成長するのか気になるところ。

でも、私はこういうのは苦手。。。


P1030309.jpg


★調べたところ、これはターマイト(シロアリ)と判明。
ほおっておくとやがて、「アリ塚」になるそうな。

ただし、今は雨が多い時期。
作っては、雨で壊され、少しは高くなったと思ったころにまた雨が降る。
1ヶ月たった今でも、ほとんど変化が見られないのが、残念なところ。

寄生虫★

P1030304.jpg


うちの学校のスタッフルームのちょうど正面に大木がある。

2週間ほど前にたくさんの花を咲かせていたと思ったら、
その後に、たくさんの実ができた。
大きさはちょうど銀杏くらい。



匂いは梅より若干酸味が強いくらいで、「梅酒」でも作れそう。

「これは食べることができるのか?」と、エチオピア人の先生に聞くと
「パラサイト(寄生虫)がいるから駄目だ。」と中身を見せてくれた。
種のようなものの間から、2~3mmの白く動くものが見える。
(これが、その正体)
P1030305.jpg



おそらく、この後は、鳥の胃袋にでも移るのだろう。
自然界は良く考えられている。

しかしながら、これはこの後、どう成長するのか?
気になるところである。

生物(G7)の授業見学(4月19日)★

P1030325.jpg


ここしばらく、セミナーの準備で積極的な授業見学を行っていなかったが、
今週から再開した。

今回は「7年生の生物」。単元は「呼吸」



日本でも生物の単元は「覚えて何ぼ。」と言うところがあるから
一つの改良で効果絶大ということはない。

アドバイスとして
「教科書を持って来ない子が多いから
(年度初めに配られる教科書が重くて家に置いてくる子が8割)、
準備室においてある、図を使ったほうが良いですよ。」
という程度だ。


このあたりの効果的な実験と言えば
・石灰水での二酸化炭素の確認
・風船での肺モデル
・動物の解剖
くらいではなかろうか
担当の先生のために、知恵を絞るべし。

バルサン(4月19日)★

P1030323.jpg


最近、台所のゴキブリの数が尋常でなない。

こちらのエチオピアのものは、大きくても2cm程度で、
いきなり登場しても、「ビクッ!」と驚くことはないのだが、
コソコソ、あちらこちらで動かれるのは、気分の良いものでなない。



こちらに入居時に、市販のホウ酸団子をいたるところに仕掛けたのだが、
もうそろそろ、期限が切れたのだろうか。
しょうがないので、日本からの「バルサン」をたくことにした。

日曜の夜に食料品は撤去して、窓の目張り等の準備をして、
開始は、月曜の午前中。



仕事を終え、帰ってくると、7~8匹程度が台所の床にひっくり返っている。
これで、しばらくは安泰か?? と思いきや、
早速、夕食時には、どこからか現れたちっちゃいのが、コソコソはい回っている。
やっぱり、新しいホウ酸団子を仕入れるべきか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。