スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エジプトビザ取得(8月27日)★

s-P1040577.jpg


9月1日からのエジプト旅行へ向けて
着々と準備が進んでおります。

すったもんだで、1カ月近く手に入らなかった
航空券も、ようやく先日手に入ったし、
残すところは、「ビザ」のみ。



これも変な話で
普通、観光立国の場合は、空港にて
アライバルビザが習得できるのは、当たり前になりつつあるのだが、
先日、オフィシャルパスポート保持者が、
ビザの取得を拒否されたというのだ。

なぜ、一般旅券でビザが買えるのに
オフィシャルでだめなのか??
疑問が残るところだが、
「まあ、事務所が取っとけと言うから
とっておこう!」と
(最近、理屈のつかない、わけが分からないことが多すぎて
思考停止に陥ることが多々。とりあえずは「途上国だから」
ってことで、あまり考えないようにしている自分あり。)



友人隊員から、お金はいらぬが、写真はほしい
と聞き、写真とパスポートだけを持って出かけた。
受付で、「では、オフィスのレターをお出しください。」
と言われて、ノックアウト。

そういえば、旅行に出かける連中は皆
なんだかんだで、事務所からのレターを出してもらっていたっけ。
やっぱり、まだ微熱が残っているらしい。。。

何とか、翌日にはレターをもらって申請完了!
後は、発行を待つのみ。


★写真は、無事発行された、エジプトビザ

スポンサーサイト

風邪沈静化か?(8月26日)★

s-P1040578.jpg


約1週間にわたった、風邪引きもようやく沈静化。
咳で、3日間明け方まで寝られなかったときは
どうなるかと思ったもの。
薬も2日間服用したあたりから効き始め、
初めに咳と共に出ていた白っぽい痰も、
出なくなってきた。

熱が38℃近くあった時は
頭がぼーっとするからか、
体が寒い(相対的に外気を寒く感じる)からか
体が熱い(相対的に体内温度を暑く感じる)からか、
理数科打ち合わせ用の10行のメールを打つのに
知らぬ間に10分くらいかかっていた。


我に帰ると、2~30分、宙を見つめていたり
行動途中で、動作が止まってしまっていたり、
「これを動画で撮っておいて、後から見ると面白いかも」
なんて思ったけれど、そのためには部屋を明るくしておく必要があり

こんなんじゃ、寝れないでしょ!!
と言うことで、取りやめにした。



ともあれ、この期間はできるだけ
家でグダグダ、ベッドに居続けたので、
おかげさまで、大分よくなりました。
病院の薬に感謝です。

※しかしながら、薬一箱(10錠、5日分)約200ブル
同僚教員の月の収入が、約1000ブル(約6500円)。
これって何かが間違っている気がするのだが。


教育副大臣との面談(8月26日)★

教育副大臣


理数科で、以前より「番組制作」に取り組んできたが
それに対して、「教育省からのお墨付き」をもらい
今後のICTオフィス(情報教育部門)との「番組共同制作」を容易にしようと、
副大臣との面談が計画された。

(本当は来週初めだったが、急きょ前倒しになった。)

当日はH調整員とN調整員、私とK隊員。ジャパンフェスティバルの広報も兼ねて
S隊員、U隊員も同行した。
私の体調が芳しくなかったこともあり、
「番組制作」の紹介PPは、K隊員が、前日1日で仕上げた

(お疲れさま~~!!)



面談は8時30分からの20分間だけの予定だったが
こちらのプレゼンに副大臣が非常に興味を示したらしく、
気がつけば、会議が1時間弱も続いていた。

今後は、会議に同席していた担当のテオドロスさんと協議し
これからの予定を立ててゆくつもり。
一旦始まると、めちゃめちゃ忙しくなりそうな予感。
次回の会議は、週明けの月曜日。
期待半分、不安半分




★今回のサイエンス番組のすごいところは
「テーマ曲を日本人に依頼」したこと。

初めは、エチオピア人を考えていたが、こちらのイメージしたように
曲を作ってくれる人が見つけられず
急遽、T隊員のつてをたどっての楽曲提供のお願いに至った。
結果は大成功!!
ほんとに、科学への期待感や楽しみがあふれてくるような曲で
「さすが、日本人!!」と感動させられました

紹介はまた次回!

★写真は副大臣(中央)と、隊員、その他

関税525ブル(8月25日)★

s-P1040580.jpg


昨日くらいから、ようやく、体温も落ち着きつつあり
「外にでも出ようか。」と言う気になってきた。


webサイトでチェックしたところ、
「日本からの荷物(EMS)が届いたらしい。」と分かったので
早速、郵便局に出かけた。
荷物を受け取ろうとしたところ
担当の係員から
「この荷物は、custom(関税)がかかるから、ちょっと待て。」
と足止めを食らった。


日本からの荷物は「JICAオフィス」宛になっていて
たいていのものはJICA現地職員が、オフィスへ届けてくれるが
関税がかかる場合は、事前連絡もなく、
しばらく郵便局に足止めになる場合も多い。
逆に、カメラなどが関税がスルーになる場合もある。



今回は、
関税担当官の前で、箱を開けさせられ
1)日本へ修理に出したビデオカメラ
2)新品の外付けハードディスク
に、税金がかかるとのことだった。


癪に障ったのは
この係官が、
1)こちらが、「ビデオカメラ」について説明するにもかかわらず
  全く話を聞こうとしないこと

2)「私は日本人」だ、と言っているにかかわらず。
  ニヤニヤして、中国の携帯電話を出し
「お前この文字は分かるのか」と、アムハラ語で話しかけたこと


1)については、4~5回目に話しかけた後、
「私では判断できないから、上司に相談してくれ。」と言い

その上司に状況を説明した結果、
カメラを日本に送り返した時の伝票があれば、証拠として、
話しに応じるとのことだった。(この上司は、紳士的であった。)
郵便局の勤務時間を確認し、往復1時間強かけて書類を取りに帰ったが、
勤務終了時刻の1時間前に戻ってきたにもかかわらず、
先ほどの関税担当官は、帰宅した後だった




翌日、約束の時間に訪問したところ
できる上司が、関税担当官に話を済ませておいてくれて、
外付けハードディスクの関税を払えばよいだけになっていた。
しかし、その額が「525ブル(約3500円)」。
聞けば、エチオピアでは精密機械が未だに高価だから
それだけの高額の関税がかかるのだそうな。

その上司に相談してもなしのつぶてで、
税金を払って帰ることにした。
前回来た時の、関税官チームは、誠実な対応だったのに
今のチームは、相変わらず「チャイナがどうこう」と
客を待たせているのにもかかわらず、ガムを噛みながら、
おしゃべりに花を咲かせている


今後、2度とこのチームのお世話にならないように
郵送物には注意しようと誓った。



★写真は、送られてきたHD

風邪悪化(8月19日)★

s-Image0077.jpg


「やばい、駄目かも。。。」
なんて思うほど、しんどい。
このレベルは、エチオピアに来て、初めて。

何が大変って、
1)熱が再び、「37.8℃」更新

昨日、おとといとやむにやまれぬ用事で、夜間の外出が続いた。
それが、いったん収まったかのように見えた
「発熱」のぶり返しにつながったようだ。



2)手足と頭のしびれ
たまに、ご飯を食べそびれたり、激しい運動をしたりした後に
手足がしびれることがある。
おそらく、栄養分がそこに行っていないために起こるのであろうが
風邪ひきでしびれたことは記憶にない。

昨日は、ほおっておいたのだが、こめかみのあたりまでしびれ始めたので
不安になって、健康管理員に電話するが
「大丈夫。今日は遅いから、明日病院を受診しなさい。」
とのことだった。



3)咳がひどくて、夜眠れない。。。
一番困ったのは、この「咳」。
日中はそうでもないのだが、夜になると
ひどい時には1分間に30回以上咳が出る。
咳止めの薬を飲んでも、ほとんど、効果は見られない。
結局、3日連続で、外が明るくなるまで寝られない日が続いた。
起きているのだか、寝ているのだか、
途中、意識がもうろうとして白昼夢のようなへんてこな夢を
多々見ておりました。



今週中に、理科番組用に映像のためどりをしようと考えていたが
結局、おじゃんになりました。
皆さまごめんなさい。


★写真は病院待合室
(しんどい時の写真は、的が絞れておらず、すいません。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。