スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Science Fun」 ジャパンフェスティバルバージョン★

vlcsnap-2010-09-28-20h20m46s120.jpg


理数科ブースの展示の一環として
せっかくなので、
理科番組「Science Fun」をみんなに見てもらおうと
収録15分×3回を、5分×3回に編集しなおした。

今回の編集担当は私と言うことで
そのうちの1本、サンプルバージョンを公開します。
内容は「Bio-indicator (紫キャベツの汁での酸と塩基の判別)」
子供たちの楽しくやっている様子が分かります。

[広告] VPS



★オープニングとエンディングに流れる
「番組テーマ曲」が非常に魅力的なのですが、
エチオピアにて、オンエアーされるまでしばらくお待ちください。
(注意:はじめの20秒は音が入っておりません。)

スポンサーサイト

マスカル祭(9月26日)★

Image0190.jpg


9月26日(月)、エチオピアカレンダーの
1の月、17日(月)はマスカルデイという祝日。
実際には、エチオピアのオーソドックスと言うキリスト教の宗派の祝日
キリストがはりつけにされた十字架(マスカル)が再発見された日と言われている。

祝日前日の今日、
家の近くのマスカルスクエア(普段は道路兼用の広場)が閉鎖され
盛大なイベントが開催のため、アジス市内から大勢の信者が集まったようだ。



私はと言うと、宗教行事にはあまり関心がないため。
コンパウンドのおばさんに、
「今日のセレモニーはどんな様子なのだ。」と聞くと
「あんた、テレビ見ていないんかね。テレビ。」と逆に怒られた。
「うちのは、衛星放送は入っても、ETV(地上波)は入らんのよ。
 テレビを見に行ってもいいか。」と問うと、
「もちろん。歓迎するわ。」と家に招かれた。



と言うことで、ミカンを食べ食べ、
小一時間ほどおばさんとその娘と一緒にテレビを見た。

その際中には、マスゲームのような大規模な集団行動もあって、
こんなのを練習する場所がどこにあるのだろうかと思ったり、
司教の演説は基本的にアムハラ語だが、外国人来賓のために
時折英語でしゃべって、インテリだなあと思ったり、
司会者が、観光客の外国人にインタビューするのだが、
出てくるのは決まって白人で、やっぱりなあ、と思ったり。

Image0192.jpg



見ている視点はちょっと異なるのだが、それなりに楽しめた。
しかし、祝日は明日なのに、
なぜ、メインのセレモニーは今日なのだろう。。。

ダンス練習(9月25日)★

vlcsnap-2010-09-28-22h17m53s48.jpg


風邪の治りがいまいちなので、
朝の日本人補習校での授業だけやって、
昼からのダンスは遠慮しようと思っていた。

しかしながら、子供たちから元気をもらい、幾分復活。
昼からのダンス練習にも参加しました。



ちょうど、季節の変わり目の今の時期は
天気の移り変わり、
空が非常に気持ちよい。

Image0188.jpg


なんで風邪ひくかなあ(9月22日)★

Image0194.jpg


おいおい、待ってくれよー。

エジプト旅行前に風邪ひいて、
おまけに病院にまでかかって、
「咳ってこんなにつらかったかなあ。」
と思いつつ、病人の苦しみを味わいながら、
新学期前にようやく咳も止まったのに。

また、風邪ひいた。




なんてったって、職場が寒いんだもの。
コンクリートの建物で、朝日が差し込むはずの東側には
何本もの背の高い木が生えている。

そういえば、去年も赴任そうそう、風邪ひいたっけ。



来週末にジャパンフェスティバルで
ダンスも覚えなければならないし、
理数科ブース発表用の実験の精度も高めなければならない。

まあ、でも、ひいたものはしょうがない。
薬飲んで、早く寝よう。。。

大水(9月21日)★

Image0186.jpg


20日か、21日の朝学校に行くときに、家の前が泥だらけで
「あれ、ここって、こんなに泥があったっけ?
 さては、近くで建築工事でもやっているんだろうか。」
なんて思っていたところ、

日本に帰国した隊員から、
「前の配属先が大水に使って大変らしいけれども、
何か情報を持っていないか。」
と問い合わせが来た。
「さては。」と思い、近くの川の付近をじっくり観察すると
普段では考えられないような高さ(写真の「ここまで↓」)に、
プラスチックバック等のゴミが引っ掛かっている。
これで、泥だらけの原因が判明した。

Image0185.jpg



おそらく、20日もしくは21日の未明に、
大雨のため川が増水し、水があふれ、
家の前の道路まで水が浸水した。
しかしながら、翌朝には水が引いたため、
泥だけが残ったという具合だろう。

しかしながら、川の水面が約3mも高くなり、
床下浸水、一歩手前の大雨だったら、
深夜でも、警告か何かがあってしかるべきだし、
翌朝でも、話の話題になっても良いはずなのに
いたって変わった様子はなかった。



もしかして、誰も気づいていなかったのか?
そんなはずはないのだが、
決壊がなかっただけ、よしとすべしか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。