スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカーボール(11月22日)★

Image0014.jpg


うちの隣の家には、日中、セキュリティーガードがいる。
朝は、「ごきげんよう、行ってきます。」を言い。
仕事を終えて帰ってきたときには、「今日はどうだった。暑かろう、寒かろう。」
なんて話をする。

以前は、家の前の米国施設のセキュリティーが彼の話し相手になっていたが、
1カ月ほど前に内部が移転したようで、今はもぬけの殻、
ちょっと離れたところに、数人の門番しかいない。
おしゃべりの相手がいないので、さびしそうだ。
その代わりかどうだか、最近は、学校帰りの子供を脇に座らせて
おしゃべりに講じていることがよくある。



そのおしゃべり仲間である、高校生が
「サッカーボールがないから寄付してくれ。
あのアパートに住む外国人は、以前に寄付してくれた」と言う。
聞くところでは、
近所のサッカークラブの一員だそうな。

私「今まで使っていたボールはどうしたのだ。」
彼「以前あったのは、大勢で使ったので痛んで、使えなくなった。」
私「そのボールはだれが買ってくれたのか。」
彼「地域の予算で買ってもらった。」
私「もう予算はないのか。」
彼「ボール2個と一緒に、ビブス(チーム分けの色付きシャツ)と
シューズを買ったからもうない。」
私「ボールなしで、サッカーはできるのか。」
彼「できない。」
私「それなら、なぜ傷みやすいボールを2個しか買わず。
  ビブスやシューズなどそれほど必要でないものを買ったのか。」
彼「・・・」

実際には30分近く話したのだが、
要約すると以上のような話だった。



エチオピア人は、大きな額のお金が手に入ると
ただほしいだけの高額なものを、後先考えずに買ってしまって、
その後、本当に必要なものが買えなくなるという話をよく聞く。
うちの理科の先生も、同様の間違いを度々犯す。

なぜ、1年に1回使うか使わないかの数千ブルもする備品を買い
頻繁に利用する、洗剤、濾紙等もしくは壊れたカギ等の
数十から数百ブルの消耗品が買えないのか。
理解に苦しむ。



サッカーボールの彼には
「お金は無限ではない。まず、何が一番大切かを考えて使うべきだ。」
と言う話をした。
若い時から、「しまった!」という思いを積んでおけば、
大人になってから、失敗も減るであろう。

しかし、彼のように「駄目でもともとと」と、
外国人に物を頼む勇気は、称賛に値すると思う。

グレートランエチオピア2010★

P1040767.jpg

つーかーれーたーーー。
今年も何とか、歩かずに完走することができました。
※写真はスタート地点へ向かう参加者


去年は、スタートの1時間前に会場に付き
前のほうに場所取りができたのだが、

今年は、前日に夜更かしをしたことが祟って、
起床は7時半過ぎ、そこから朝ごはんを食べて着替え、
公道付近の続々と集まる参加者を写真に収めて、気がついたら
スタート時間の40分前。
「やばい!!」と、家にカメラを置き、
急いで会場に向かったが、その時にはもう黒山の人だかりで、
前のほうの位置取りはできなかった。。。

スタートのピストルの音が聞こえてから、
私たちの周りの人が動き出すまでに、約3分。
まともに、自分のペースで走りだすまでに7-8分かかった気がする。
さすが「3万5千人」規模のレースは違う。
(公式HPはこちら)

東京マラソンの参加者制限は「3万2千人」で、テレビ中継を見て、
「人が多いなあ~~。」なんて思ったけれど、
我々はそれより多かったわけだ。
とろとろ走りださざる負えない人の気持ちが良く分かった。



乾燥気候のエチオピアでは、汗がすぐに蒸発するために
多めの給水をとることが必要で、
ペットボトルの水を携帯してチビチビ給水しながら、走っていたが、

隣で走っている、親父が「水をくれ。」というような
しぐさをするので、手渡すと、ジャバジャバ頭から水をかけ、
3分の1ほどに減ったペットボトルを無言で、返してきたので、
「ありがとうぐらい言ったらどうなんだ。」と、切れかかる面もあったが、

その辺の近所の子供やら、若者ランナーやらと一緒に
励まし、励まされながら走ることができた。



ランニング中は、体と共に頭も高揚しているので
その分、普段隠されている、人々の素の部分が見られるのも
面白い。
「Ching,Chyon、etc」や
「お前は、ショートカットしてきたんだろ。」
(エチオピア人の一部は、このような行為を好む。)
など言葉で言われるだけなら良いが、
集団心理が働くと、非常に厄介。

と言うことで、トラブルに巻き込まれないように、
今回は、Tシャツに背面に細工をして走った。

P1040776.jpg

レース展開は、後半追い抜き型だったので、
「おー、チャイナが走っているぞ。」という声が、
Tシャツ背面を見て、
「ああ、違う。あれは、JAPANだ。」という声援に変わるのが
面白かった。





そうそう、今回の記録。
中間地点(5キロ)の公式掲示板の記録は
「32分33秒

このままじゃ、昨年度の記録更新もままならない。
しかも、後半は上り坂。。。

しかしながら、事前練習の成果で
後半はペースもあまり落ちなかったらしく。
最終記録は、手元の時計で
「53分24秒」

何とか昨年の記録「55分17秒」を更新することができました。
しかし、本当のゴールは、もうちょっと奥だったようで、
実際の記録は53分50秒くらい??

でも、後半のタイムだけ見ると、
上り坂5キロで「21分少々」って、結構速くない??
なんて、幾分自己満足に浸っていました。

P1040774.jpg




レース中では、SV(シニアボランティア)のTさんや
配属校の先生や生徒たち、
レース後には、JOCVの参加者7名と出会い、
一緒に写真も撮りました。
記録だけを目指すのではなく、
「走ることを楽しむレース」の良さを教えてくれた
レースになりました。



★ 帰宅後、本日は「エチオピア正教のお祝いの日(詳しくは不明)」ということで、
大家からランチに招待されました。
子供たちも、何人か来ていて、
昼食のワット(シチュー)も、あまり辛くなく「家庭の味」。
本当においしくいただきました。

今回の招待客は、皆英語の堪能だったため、
会話も弾み、楽しく過ごすことができました。
話を聞くところでは、
このコンパウンドに住んでいた人を中心に
招待されていたようでした。

Image0006.jpg

受け入れるか否か★

本日の英語学校のテーマは
「自分に影響を与えた人」について、各自が発表した後で、
「自分の周りにいる人の、受け入れがたい振る舞いについて」は、
どう対処するか。という話になった。



「言ってあげたほうが、相手のためだ。」
「私は、相手が親しい友人だったら、忠告する。」
「親しい友人だからこそ、言いにくいこともある。」
「あなたは、自分の配偶者には言えているのか。」

ということから、夫婦間(恋人間)問題に話が移り、
話好きな女性を中心に話が進んだ。
結局は、
1)あることを問題だと思ったら、それについてまずは話をする。
2)その後、「どちらかが折れる」か、「折衷案を見つける」。
3)もしくは、互いの「異なる価値観を認める」。
  深入りしない。
という結論に落ち着いたようだ。



どこの国でも、夫婦間(恋人間)問題は、似たり寄ったりだ。
しかしながら、エチオピアの家庭内事情が聴けるのは
貴重なことだ。

H調整員帰国(11月16日)★

Image0002.jpg

特に、ここ半年の間、アジスの理数科隊員で力を入れている
「理科番組の制作」においては、
H調整員のサポート無しではできなかったと思うことが多い。
理数科隊員だけでは、「もうここまでか。。。」という局面で、彼のひと押しで話の流れが変わったり、
堪能な語学力で、我々隊員の意見を代弁してくれたり、
感謝してもしすぎることがないくらい、本当にお世話になった。


おそらく、今後、そのことを実感する場面があるだろう。
しかしながら、彼から受け継いだ貴重な経験をもとに、
理数科3人の協力でしのいでいきたいと思う。

Image0254.jpg

※写真1枚目は、H調整員の家の玄関前にて、2枚目は、以前のICTでの会議の様子

ズワイとモジョ(11月15日)★

vlcsnap-2010-11-17-22h00m43s83.jpg


Y隊員は女性の体育隊員で、
こちらのブログ (まりイチゴイチエの旅 inエチオピア)
からも分かるとおり、若くて元気が良い。
一人任地で、苦労も多いようだが、それを見せない明るさがある。

職員室で、話をしたときに、モジョで活動中のOさんの話になり、
「帰りに寄ってみる??」と言うことで、急きょ決定。
先日、理数科Hさんを訪ねたばかりだが、
今回は、紛失問題も解決したので、ゆっくりできそうだ。



Oさんは、来る前は農業高校にて畜産を教えていた、現役女性教師。
かつ、年齢も私と同じなので、話が合う。
配属先を訪問のために来たのに、カフェで話し出したら、
あっという間に1時間が経過してしまった。
同世代の話しやすさ、と言うのはどこから来るのか。
境遇も良く似ているから話しやすいのかもしれない。

彼女が今取り組んでいるのが、
女性団体の自立支援のための「鶏の飼育」。
知識ばかりで頭でっかちなスーパーバイザーとの意見調整が
悩みの種らしい。
彼女は、性格があっさりしていて、正義感が強いので
少しづつ上手くいくだろうと、期待している。
今回は、鶏を出荷したばかりで、卵しか見られなかったが、
次回は鶏の育ってゆくところを見てみたい。

帰りは、Oさんの知り合いの計らいで
アジスアベバ行きの大型輸送トラックの助手席に乗せてもらった。
久しぶりのトラックの座席は、車高が高く気持ちが良かった。

vlcsnap-2010-11-17-22h02m08s199.jpg

vlcsnap-2010-11-17-22h03m23s200.jpg

※1枚目は鶏舎の敷地内、2枚目は光源を使っての受精しているかどうかの確認。



★今回の旅では、アジスで大勢になると、ついつい話そびれる、
こまごまとしたことを話せたり、実際の配属先を見せてもらえたりと、
各人のいつもと違った、一面を見ることができた。
私は「環境が人間を作る」と、いつも言っているが、
悩んでいる時期の旅行としては非常に実り多きものになった気がする。

★本当は、11月14日(日)に、「日本人会運動会」があったのですが、
当初の「2泊3日」の予定が、何だかんだで5日間に延びたため、
急遽休みまして、ご迷惑をおかけしました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。