スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソーラーバルーン作成(3月30日)★

vlcsnap-2011-03-31-11h39m59s68.jpg


小型のアルコールを燃料にした「熱気球」の作成は
セミナーで何度かやっているが、
太陽熱を使った気球の作成は初めてである。

【作り方】
高気密のポリエチレンシートを使った黒ゴミ袋を約50枚用意する。
それを切り開き、縦に4個、横に12個をセロハンテープつなぎ、長方形にする。
テトラの牛乳パックの形に成型する。
端の1mだけはテープで留めず、空気を入れるための穴にする。

薄いべニア板をうちわ代わりにして、送風口より空気を入れる。
95%くらい空気が入ったら、送風口をテープでとめる。
コントロール用のロープ(20-40m)を端に結び付け、準備完了。



【上げ方】
晴れた日の早朝など、風のない時が上げ時。
バルーンが温まり始めると、勝手に上がる。

風が出始めると、バルーンが膨張しにくく、上がらない。
太陽の熱によって、内部の空気が膨張し、軽くなることを利用しているため、
曇りや雨の日は不可。



初日は、形成と膨らませるのに時間がかかり、
風が吹き始めたので、15mほどあげて、終了。

2日目は、朝7時の風のない中挑戦し、ロープを全部使うほど(約40m)
上がった。
残念なことに、「もうそろそろ朝礼だから、片付けようか。」と言うときに
急に風が吹き出し、バルーンが急降下して校地外の林に墜落。
ロープが枝の間に挟まり、木の上でくるくる回り始めた。

手持ちのロープではコントロールできず、
引っ張っても、木の枝で穴が開くのが目に見えているので、
バルーンがまだ浮力を持っている今のうちに
ロープを手放すことにした。

手を離してからも5分くらいは、バルーンがバタバタはためいていたので
「ロープが枝に絡まってしまったか。」「失敗か。」とも思われたが
その後、風に流されながらも
上部に飛んで行った。



実験に失敗はつきものだけど、
準備に時間がかかっていただけに、少々残念。
でも、やり方が分かったので、何かのイベントのときにでも
再度作ってみたい。

[広告] VPS
スポンサーサイト

プリンタ故障(3月30日)★

P1050702.jpg


エチオピアに来るときに、携帯可能な小型のプリンターを購入した。
インクもカートリッジで黒とカラー各約10個を持参したが
それ以外に、格安の「補充用インキ」も持参した。

始めは、カートリッジを使っていたのだが、
インクの減りが思いのほか早かったため、途中から
「補充用インキ」も併用し始めた。

しかし、補充用インキを使い出してから
印刷のときにかすれることが多く、
「ノズルクリーニング」をすることが多くなった。



そして、今日も、なかなかインクのかすれが直らず、
「ノズルクリーニング」を繰り返していると
「廃インク吸収体がいっぱいになりかけています。
このまま使い続けると、印刷できなくなります。
早めに修理受け付け窓口で、廃インク吸収体の
交換依頼をしてください。」の表示が現れた。
大学を出てから、インクジェットプリンターを使い続けてきたが、
「廃インク吸収体」のようなものがあるとは知らなかった。。。

いろいろ調べてみると、
ふちなし印刷や、「ノズルクリーニング」を繰り返すと
「廃インク吸収体」にインクがたまってゆくようだ。



「廃インク吸収体」は、個人では交換できず、
日本の修理センターにて取り換えてもらう必要があり、
約8000円かかるそうだ。
1個約400円のインクカートリッジをケチって、
「補充用インク」を使い続けたため、かえって高くついてしまった。

しかしながら、初めて「廃インク吸収体」の存在を知り
勉強になりました。

「クエスチョン&アンサークラブ」の大会(3月29日)★

DSC01534.jpg


「クエスチョン&アンサークラブ」
簡単にいえば、生徒の知識量をはかるクイズ大会が
地域の4小学校合同でなされた。

事前に、各小学校で選抜大会が実施され
その中の優秀者が出場するというもの。

内容も教科に分かれているので、
学校のお勉強ができる生徒を競わせる大会とも言えるかもしれない。



最終戦は各学校から8年生の生徒が2名ずつ選出され、
各自が引くくじで問題が選ばれ、
選択式ではあるが、間違ったら次に進めない形式。

うちの学校の生徒は、最後の2人まで残ったが、
そこで間違い、2位になった。

しかしながら、グループ対抗では、1位だったらしく。
代表が賞状をもらった。



会場になった隣接校は、パブリックスクールで
予算が多く分け与えられている学校であるが、
(うちの学校はガバメントスクールで低予算。)
そこに勝ったことが非常にうれしかったようである。

このような、大会が生徒の勉学に対する意識を高める
よい刺激になればよいと思う。

DSC01509.jpg

DSC01502.jpg

学校農園の作成(3月28日)★

P1050685.jpg


授業時間中に5年生が校舎裏の畑を耕していた。

理科教師アルマズが指示していたので、聞いてみると
理科の中に「農作物の作り方」と言う項目があり、
その分野の実習と言うことだった。

私も、小学校の6年生の時に
ヒマワリやトウモロコシを作った楽しい思い出があるが
エチオピアでも、生徒は喜々として
鍬で耕したり、水をやったりしていた。

どのような農作物ができてくるのか
継続してみてゆこうと思う。

P1050691.jpg

数学セミナー(3月26日)★

SANY0038_20110331182105.jpg


ETVでJOCV理数科隊員の紹介をされて以降、
方々からセミナーの依頼の声がかかるようになってきた。

今回は、アジスの教育局の数学部門から声がかかった。
現在数学を教えているのが、K隊員のため
彼が窓口になって、教授に効果的なティーチングエイドを作るのを目的とした
セミナーを開催することになった。。



講義内容は彼が一人で考えたが、
当日はティーチングエイドの作成に
カッター等を使ったり、良いアイディアを共有したりするために
アジスの全理数科隊員が動員された。

今回は「図形モデルの作成」が主なトピックで、
パズルを応用したような、モデルを作成した。
始めは、彼らのモデル製作スキルがどの程度か測りかねていたが
几帳面で丁寧に作る先生が多く、安心してみてられた。

K隊員以外に、SV(シニアボランティア)のHさんも
効果的なモデル例を示してくれて、目からうろこの一面もあった。


SANY0068.jpg


先生方も途中の休憩時間も惜しいように、モデルの作成に取り組んでおり
学校に帰ってからも、効果的に活用してもらえることを願ってやまない。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。