スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スリ (9月17日)★

理科の実験に使う「モーター」を手にいれに、「マルカート」に出かけた。

この「マルカート」は東アフリカ最大の市場とも言われており、いろんな人が買い付けに来る。ある意味問屋街ともいえよう。
エチオピアは数年に1回「テロ」がある以外は、非常に犯罪が少なく安心して過ごせる街なのだが、唯一「マルカート」だけは、すりやひったくりなどの軽犯罪が絶えない場所である。

もちろん、それを知っての上で、でかけたのである。
ミニバスを降りて、人通りの多い路地を通り抜けた後、
時間を確認しようと携帯電話の入っているズボンの前ポケットを確認したところ、携帯電話はあったのだが、財布(小銭入れ)がなくなっていた。

「やられた。。。」


日本円にして数千円ではあったが、結構ショックだった。
おまけに、財布はそれしか持参していなかったため、帰りは2時間弱かかって、とぼとぼと坂道を下ってきた。

2ブル(約20円)あれば、ミニバスで家まで、20分程度なのに。。。
久しぶりに、お金のないみじめさを感じた。

普段は何となく通り過ぎる物乞いにも、今日は少額ではあるがお金をあげた。

お金って大事です。
その価値が身にしみてわかった1日でした。



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。