スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化学 状態変化(10月16日)★

今日は化学で「状態変化」を行った。

氷を見せる
「これは何?」→「アイス」
ガスコンロをさして、
「これは何だ?」→「クッキングヒーター」
「アイスを加熱すると何に変わる?」→「リキッドウォーター」
実際に、氷を鍋に入れてコンロに火をつけ加熱する。
しばらくたったところで、氷がとけてきているところを生徒に見せる。

完全に溶けてから
「リキッドウォーターを加熱すると何に変わる?」→「ガス(気体)?」
「気体になった水を何というんだ?」
手を挙げた生徒に当てる。→「スティーム」
「すごい!!。よくわかったね。」

ソリッド(固体)、リキッド(液体)、ガス(気体)の説明をした後
ちょうどいい具合に、沸騰してきた鍋を示して
「鍋の上方に、白いものが見えるか?」→「イエス。」
「今、水は沸騰している。液体から気体に変わっている。」・・・

な~んて、感じでやった。


やっぱり、ものがあると生徒の食い付きが違うね。
興味しんしんで、見ようとする。
授業の最後には、拍手まで沸き起こった。


次は、何を見せようかな。
題材が多くある単元は選ぶのが大変。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。