スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学校へのPTA訪問★

P1010499.jpg

今日は日曜にもかかわらず、保護者が学校を訪問するということで、
「いくつか実験を見せてほしい。」という依頼を受け、朝から学校に出かけた。


昨日の午後から天気が崩れもようで、幸いにも雨は降ってはいなかったが、風が冷たい。
午前中開始ということだったが、8時にはまだ、だれも来ておらず、ゆっくりと実験の準備をすることができた。

準備したのは、
・水の電気分解装置の演示
・二酸化マンガン(乾電池から採取)とオキシドールで酸素発生
・ペットボトル顕微鏡で、玉ねぎのりん片の細胞の観察
・学校の顕微鏡での玉ねぎのりん片の細胞の観察



今日のプランは、見た感じでは「PTA会議」がメインで、皆が来るまでの間に、「理科室で実験を見せる」というようなものだった。
前日にエチオピア人理科教師と幾分打ち合わせをしていた感じで、それをアシストするというような役回りになった。
一通りの実験が終わった後に、「何かできないか。」というので、
・水の電気分解装置の演示
・二酸化マンガン(乾電池から採取)とオキシドールで酸素発生
・塩酸とマグネシウムで水素の発生
を行った。

保護者も「教育ママ」というよりも「普通のその辺にいるエチオピア人」という感じで、
詳しい理論の説明よりも、何かが見えたり、音が鳴ったりする者のほうが受けが良かった。

一通り、保護者が集まったらしく、会場移動ということで、理科室を後にした。

時間があれば、展示物のそれぞれの説明もしたかったのだが、今回の役回りは「会議開始までの時間つぶし」が目的のようで、残念だった。



最後に、保護者40人程度の前で、校長の通訳付きで話をした。
「数か月前までは、この学校には理科室はありませんでした。そこから、私をはじめ他の理科教師、もちろん校長の援助もあってこれほどまで立派になりました。」
「今は、先生用の実験装置のアレンジを中心に行っていますが、やがては生徒自身がグループワークを行えるような環境を整えてゆくつもりです。」
「グループワークを通して、生徒自身が新しい発見をし、多様な知識を身につけていってほしいと思っています。ありがとうございました。」

おそらく、ある程度教育に関心があるPTAが来ていると思われるので、今後の理科教育に対してより家庭での援助(例えば、エチオピア人教師が出す「来週までに、植物の標本を作ってこい。」「日常に見られるケミカルを持ってこい。」など、結構難しい宿題に対しても、そこそこ一緒になって考え、手伝ってくれるなど)が得られれば良いなあと思っている。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。