スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外生活、必要グッズ (2) ★

壊れにくいPC(+バッテリー)

P1020053.jpg


私が一番頭を悩ませたのがこれ。
直前まで、iBookを使っていたのだが、老朽化が進んでいたので買い替えを決断した。
初めは、「Mac Book Air 」とか、軽そうで良いかもなんて思っていたが、
途上国での利便性を考えて却下せざるを得なかった。

必要な条件として、挙げたのが次の3点
  a) 壊れにくい
  b) 軽い
  c) バッテリーが長持ち



日本でさえ、1度壊れたパソコンは、同様のトラブルが続いたり、何となく調子が悪かったりしがちである。
それが、途上国に来れば、まともな修理にありつける可能性は、限りなく低い。と考えた。
そのために、外見がどうこう言うより、
とりあえずは「a.壊れにくいパソコン」を
ということで探し始めた


候補として挙がったのは
① 富士通「FMV-BIBLOシリーズ」
  「モバイルに配慮した堅牢設計」、
  「水滴に強いバスタブ構造のキーボード」
  「衝撃からデータを保護する「HDDプロテクション」」などの性質を持つ

② パナソニック「Let’s note シリーズ」
  「76cm落下試験実施」、
  「キーボード全面防滴」、
  「耐100kg級タフボディ」等の性質を持つ。
この時点では、まだ、甲乙つけがたい。



次に「b) 軽い」かどうかということ。
  ①「FMV-BIBLOシリーズ」は、約1.8kg
  ②「Let’s note シリーズ」では、約1.5kg

最後は「c) バッテリーが長持ち」について
  ①「FMV-BIBLOシリーズ」は、約7.5時間
  ②「Let’s note シリーズ」では、約8.0時間

最後の2つを、トータルしてみると
  ②「Let’s note シリーズ」が僅差で勝っている。



実際のところは、プラスαとして、付属ソフトや価格、周辺機器との相性なども、総合的に考慮した結果、
「Let’s note CF-Y7C」を購入することになった。

今のところ、全く問題なく使用できており、非常に満足のいく洗濯になっている。
驚いたことに、派遣国では「Let’s noteシリーズ」を使用している隊員が、
私の他にも、4名おり、信頼度の高さがうかがえる。




★「替えのバッテリー」について★

信じられないかもしれないが、エチオピアでは昨年、
雨期の約4カ月の間
「電力不足による1日おきの計画停電(早朝から午後10時まで)」が実施された。


そのため、夕食時には皆がランプやろうそくを光源としていた。
当然であるが、電化製品は一切使えない。

普通に使う人で、最低1個。
パソコンがないと仕事にならないような人は数個、予備のバッテリーを準備するに越したことはない。
オークションサイトで品番をもとに安く手に入れることができる。


★追記(2010年9月)
今年から、新規のダムができて発電も順調なようで、隔日停電はなくなった。
バッテリーについては、それほど深刻に考えなくてもよさそうだ。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。