スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「高い」と「安い」

お店でモノを買う時、
「あっ、これ安いね~」
「なんで、これ他より高いんだろう。」なんて会話を何気なくする。



「モノが安い」と言うことは、一見嬉しいことのようだが、
適正価格より、安く作らされているということで、
誰かが搾取されている可能性が高い。

仮にAという商品が安く売られると、
同じAを作っている会社も安くしないと売れなくなる。
その分利益が少なくなるので、従業員の給料もその分下げられるだろう。

それで収まればよいが、価格競争に打ち勝つために
会社の工場を途上国に移してしまったら、
従業員の多くがリストラに合い、
給料さえもらえなくなる。



モノの値段が「安い」と言うことは、本来おかしいことなのだ。
その陰には、「誰かが搾取されている可能性がある」
ということを忘れてはいけない。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。