スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訓練生の退所について、思うこと★

ようやく、訓練期間のうち半分が終了しようとしている。
その間、3名の訓練生が一身上の都合、あるいは健康上の問題で退所した。

彼らも、私と同様に夢と期待をもって、この二本松訓練所にやってきたはず
しかしながら、やむをえない事情ができて退所に至る。
人生の中での大きな決断ほど、突然目の前に立ちはだかるような気がする。
そのとき、私たちはどのような決断をするか。

毎日の生活でも流されず、見えないところで小さい決断を重ねている人は、
こういうときに強いんだろうな。

今朝、対処のあいさつをした彼は、健康上の問題だっただけに、苦しかっただろう。

しかしながら、この問題は、明日は我が身かもしれない。
レールは敷かれているようで、走る電車、乗る機関士にいつトラブルが発生するとも限らない。
でも、まあ、こればっかりはどうしょうもないことか。

そのようなことがありうることだけは
知っとくべきと思った。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。