スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電線爆発(5月20日)★

P1030646.jpg


バハルでの珍事。

S隊員とM隊員と共に、「Sub Africa」というお店で昼食をとっていた。
ここはサンドイッチがバハルで一番おいしいと評判で
多くの外国人が利用するお店である。



食べている最中に、外から
「パン、パン」と言う、乾いた破裂音がする。

一瞬、「発砲音か??」
ともおもったが、大通りに変化はなく、
銃撃ではないことは分かった。

店のオーナーが見に行ったところ
街路樹のヤシの枝が伸びすぎて、
それが平行な2本の電線に触れ、音が鳴っていたようだ。



食事が終わって外に出ると、
ちょうど自転車を止めておいた横のヤシの木の枝の
接触した枝が黒くなっていた。

「怖いねー。」と、出発しようとしたところ、
再度、枝が触れたらしく「パン、パン」と言う爆裂音と共に、
電線から火花が散り始めた。

しかし、今回は枝が電線から離れなかったため、
電柱から電柱までの間の電線が、約20mにわたって火を噴いた。
私たちは自転車を置いて、そのヤシの木から走って離れた。



近くの変圧器から「ボン!」と言う音と共に火花と煙が上がり、
電線の一方が切れて、火はおさまった。

隊員どおしで、「なんで、こうなるまで、放置しておくかなーー。」
と言う話になったが、帰り際に電柱を見ると、
二の舞になりそうな、ヤシの木が多数見られた。


やはり、ここはエチオピアだ。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。