スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理数科キャラバン:1日目(7月11日)★

vlcsnap-2010-07-25-22h12m05s28.jpg



最近の夜型生活には珍しく、7時過ぎには目を覚ます。

というのも、今日からいよいよ「理数科キャラバン」のスタート。
小さいときの遠足の日の朝のように、自然には役目を覚ましてしまうのは
大人になっても変わらない。



ドミに到着すると、予定時刻より早いにもかかわらず、
もうすでに皆が荷物の運び出し準備に取りかかっている。
やはり、誰もが同じような気持ちなのだろう。
今回のためにみなで揃えた、「オロミア州リストバンド」を手に
いざ出発!!。

今回は、理数科隊員5名と5回分の実験材料があるため
ミニバス1台(通常は12人乗り)を1台借り切っての旅。
本当に、気分は遠足・修学旅行気分。
気心が知れた友人たちと行う、こんな旅も良いものだ。

vlcsnap-2010-07-25-22h14m47s139.jpg




アジスから約2時間ばかり南下した、ナザレットという町で
コーディネイターのエチオピア人男性と日本人女性に合流。

今回のキャラバンの目的は
1)地方の学校の現状を理解する。
2)理数科教師の技術力の向上。
3)地方の学校にも「実験理科」の楽しさを知ってもらう。
4)雨季休みの有効活用

たまたま、JICAの専門家の教育プロジェクトが
オロミア州を拠点に活動していたため、
「新規で見知らぬ土地に行くよりも、
ある程度JICAについて理解している地域のほうが
受け入れてくれやすいだろう。」
ということでの、エリア設定であった。

今回のコーディネーターはJICA教育プロジェクトのスタッフ
である。



午後も1時間、車で移動し、翌日の会場下見
机移動などの設営をして、本日のメイン業務は終了。

いよいよ、明日が初日。
天気が良いと良いのだけれども。。。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。