スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理数科キャラバンのまとめ★

子供の時の行事ならば、
事前準備は、大人がやってくれて、行事もそのものが終われば
「めでたし、めでたし」なのだが、
自分が大人になってしまえば、そういうわけにはいかない。


「Plan.計画」「Do.実施」「See反省」で構成される全ての企画の中で、
「See」が、次のよりよい企画を生むために、非常に大事になってくる。



と言うことで、帰った翌日から
まずは「ビデオ編集」開始。

ビデオは、撮ったその日、もしくはその翌日には
内容ごとに分類しておいたため判別はつけやすかったが
2日間かけて、その大方に再度目を通し、全行程30分程度にまとめた。

日曜日には、理数科隊員を中心にドミに呼び、
映像鑑賞会
をした。



目的は2つ
1)自分がどのようにとられているかを確認してもらう。
2)オロモ教育省に報告書と共に提出用の映像作成アイディアをもらう


1)は、キャラバン中は、いかに実験を見せるかに力を注いでいたため
客観的に振り返る余裕はない。
ビデオを撮影しているもの以外は、どのように映像に残っているのか知らないので、
一度それを見てもらいたかった。

2)は、教育省には書類として提出はするのだが、
やはり、映像で見てもらったほうが分かりやすいということで、それ向けの映像を作る。
そのために、今日見てもらったもののどこをどう手直しすればよいのか
アイディアをもらいたかった。

そこで出た意見としては、
・映像中の日本語は字幕を付けるか、取り除く。
・実験のタイトル以外に、簡単な説明を付ける。
・全部で10分程度に収める。
などなど

報告書以外に「実験ハンドブック」も付けることになったから、
これで十分ではなかろうか。
(ブログにアップしたのは、最終版。)



その後に、「報告書作成」。

今回は、JICAに活動支援経費を申請しているため、
代表が一つ報告書をまとめる以外に、
各自が「出張報告書」を書かねばならないのだった。

毎日、実験が終わると、
その日のうちに皆で集まり、反省会をしていたが、
(飲み食いする反省会でなく、本当の「議論」の会)
時がたつと忘れるもので、その時のメモや
ブログの内容を見返して、
「えい、やあ。」と、勢いで仕上げた。

とりあえずは、キャラバンはこれにてひと段落。
次は、「実験映像作成(撮りだめ)」へ移行予定。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。