スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理数科実験マテリアル巡り(8月6日)★

s-Image0049.jpg


アジス隊員は、この1年間「ローカルアベイラブル」を合言葉に、
身のまわりにあるものを使って実験をすることに力を注いできた。

と共に、「どこに行けば、何が手に入るのか。」
「あるものを手に入れるためには、どこに行けばよいのか。」

アジスのいたるところを、モノを探して歩き回った。

とりあえず、今回の新隊員は特に地方だから
最低限「アジスでは、どこに行けば、何が買えるか。」だけは
分かっておいたほうがよいだろう。
と、「理科実験マテリアルめぐり」を開催した。



初めは、
1)ドミに近い、私の学校近くで手に入るもの
  (ガラス、建築資材、加工工具など)

次に、
2)何でも手に入る、マルカート(市場)
  (なんでも、+廃品市場、電気修理屋)

最後に
3)理科実験道具購入代理店
  (カタログに乗っているようなものまで入手可能)


とりあえず、これだけ回れば、たいていのものの入手手段は分かったはず。
後は、彼らの意欲次第かな。


★写真は、うちの学校で、校長の話を聞く新隊員たち。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。