スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教育副大臣との面談(8月26日)★

教育副大臣


理数科で、以前より「番組制作」に取り組んできたが
それに対して、「教育省からのお墨付き」をもらい
今後のICTオフィス(情報教育部門)との「番組共同制作」を容易にしようと、
副大臣との面談が計画された。

(本当は来週初めだったが、急きょ前倒しになった。)

当日はH調整員とN調整員、私とK隊員。ジャパンフェスティバルの広報も兼ねて
S隊員、U隊員も同行した。
私の体調が芳しくなかったこともあり、
「番組制作」の紹介PPは、K隊員が、前日1日で仕上げた

(お疲れさま~~!!)



面談は8時30分からの20分間だけの予定だったが
こちらのプレゼンに副大臣が非常に興味を示したらしく、
気がつけば、会議が1時間弱も続いていた。

今後は、会議に同席していた担当のテオドロスさんと協議し
これからの予定を立ててゆくつもり。
一旦始まると、めちゃめちゃ忙しくなりそうな予感。
次回の会議は、週明けの月曜日。
期待半分、不安半分




★今回のサイエンス番組のすごいところは
「テーマ曲を日本人に依頼」したこと。

初めは、エチオピア人を考えていたが、こちらのイメージしたように
曲を作ってくれる人が見つけられず
急遽、T隊員のつてをたどっての楽曲提供のお願いに至った。
結果は大成功!!
ほんとに、科学への期待感や楽しみがあふれてくるような曲で
「さすが、日本人!!」と感動させられました

紹介はまた次回!

★写真は副大臣(中央)と、隊員、その他
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。