スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エジプト考古学博物館(9月3日)★

P1040581.jpg


ピラミッド見学で歩きつかれたので
そのまとめとして、博物館見学。

ここは、各種ピラミッドの内装品が細かに分類されて
展示してある博物館である。
エジプトの古代文字が描かれている棺や
棺に書かれている顔の絵が非常に印象的だった。



しかし、これはピラミッドという、「王の墓」の中に埋葬されていたもの
逆に考えると、私たちが人のお墓の中に入っていたものを見るってどうなんだろう?
もし、自分の家のお墓に入れたものを「文化遺産だ!!」とか何とか言って
勝手に掘り出され、博物館に持っていかれたらいやだろうな。

特に、ミイラになっていたおじさんとかおばさんとかは、
ぐるぐる巻きになっていた布まではがされ、
顔を人前にさらされているのは、ちょっぴりかわいそうな気がした。

まあ、どれかのピラミッドの王を先祖に持つエジプト人が、
何も不平を言わずにいるのだから、よしとすべきか。
そのおかげで、エジプトが観光立国になっているのも
事実だし。


★写真は、土産物のミイラの模型
(博物館内は写真厳禁ですので)

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。