スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大盤振る舞いなホテル(9月6日)★

DSC00700.jpg


海岸通りは整備されているが、何件かの巨大なホテルは
入り口に板が打ち付けられて、閉鎖されている。
大規模に作りすぎたため、客室が埋まらず
経営がうまくいかなかったのだろう。

ガイドブックに紹介されているホテルに行ってみたが
料金が1.5倍以上に上がっており、
それに見合うだけのサービルが受けられないと思われたので
周辺のホテルを探すことにした。

海岸線からちょっと奥まったところに
改築したばかりのホテルが見えたので
値段を聞いてみた。
100ポンドで、朝食と夕食がつくと言う。



おなかがすいていたので、早速朝食をいただくことにする。
パンに卵、フール(豆スープ)、サラダ、タピオカミルク、紅茶。
これまで、朝食付きといっても
パンにジャムと紅茶、良くて卵がついている程度だったが
ここのはすばらしい。

海で一泳ぎした後、
夕食は、メインが魚のグリル。それに、肉のスープ、豆のペースト、
味付けご飯、サラダ、紅茶。(写真のとおり)
後から、デザートにブドウまで出てきた。

これを普通にレストランで注文したら
朝食で約20ポンド、
夕食では約50ポンドはすると思われる。



それに何より、スタッフの気遣いが嬉しい。
食後に、ロビーのいすに座っていると
「コーヒなどいかがか。」と勧めてくれたり、
散歩に出た帰り、ホテルの入り口のところで
現地の若者に絡まれ始めたときに、出てきてくれたり
細かい配慮が有難い。

たまたまだったが、良いホテルにめぐり合ったものだ。
しかしながら、採算が取れずに倒産と言うことだけには
ならないでもらいたい。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。