スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みやげ物屋めぐり(9月9日)★

Image0162.jpg


エチオピアで生活すると、お土産を考えるとき
非常に苦労し、最終的には
「じゃあ、コーヒーでも」と落ち着くのだが、
エジプトはどうなのか。
土産物屋が集まっているエリアを散策してみた。



ピラミッドやスフィンクスをかたどった置物・彫刻などは定番だが、
エジプト独自と言うのは
1)香水ビン
2)パピルス
だろうか。

1)の中に入る香水は、街のいたるところで売られており、
調合もお店で独自にやっている。
それに付随して、容器もそれ相応のこだわりがあるようだ。

2)のパピルスは古代製法の葦の紙のことで、
独特の質感がある。
おみやげ物になっているのは、本物は少なく、
「パピルス風」であるが、しおりなどは味わいがあってよさそうだ。



特にあげる当ても無いので、
自分の気に入ったのをいくつか買ってみた。
面白かったのは、棺を開けると中にはミイラの模型が入った置物。
エジプトは、綿産業が盛んなので、
安くいろんな布地が手に入るのも面白い。

安いものを捜し求めると、ついつい大通りよりも、
脇の路地に入っていかざるをえないが、
こちらの路地はほんとに迷路状に成っているので怖い。
ここで、もし火事が発生したら、
大半が焼死するだろうと思われるところばかりである。
しかしながら、そう思うのは、自分が狭いところが苦手なせいかもしれない。



★ 写真は、お土産物屋でなく、駅の売店。
見るのに没頭して、すっかり、写真を撮り忘れてました。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。