スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供の喫煙習慣(9月10日)★

DSC00745.jpg


とうとう、エジプト旅行も最終日。
昨日の深夜徘徊のため、遅めの起床。
宿を出て驚いたのが、巷にはここ数日見られなかった
子供達があふれていたと言うとこと。

英語がしゃべれる子供は
「ハッピーニューイヤー!!」と声をかけてくる。
ラマダン明けのお祭りのような感じだ。

ピラミッドも子供だらけで、
「お年玉をもらったから、近くの遊園地に遊びに行こう!」
というイメージに近い。
(実際、大人が子供にいくらかのお小遣いをあげる習慣があるようだ。)
外国人がまだ身近でないのか、
もしくは、田舎から出てきた子供たちなのか、
私と一緒に写真をとってほしいと言う男の子達が
後を絶たない。


ピラミッドの周りには、観光客を当て込んだお土産屋や
喫茶店も多いが、
そこでは、大人たちに混じって子供も水タバコをふかしている。
街中でも12-13歳程度の男児が、
たまに紙タバコを吸っている様子が見受けられるが
ここまで、おおっぴらだと
「そういう文化なのだろうか。」と思ってしまう。

日常生活に節制が多い分。
寛容な部分で、行き過ぎてしまうのかもしれない。
子供たちは、なんでも大人の真似をしたがるのは分からんでもないが
タバコはあんまり格好のよいものではないなあ
と思った。



ピラミッド見学の後
ホテルに近いカイロモールで、はき減らした靴を買い換えようと思っていたが、
残念ながら、祝日のためお店は全部閉まっていた。

未だ、「祝日は休業。」と言う慣習が残っているのは
中進国らしい。

★帰路便が深夜のため、チェックアウトを夕方にして、
ホテルのプールで泳いだり、昼寝をしていたりしたら
危うく、遅れそうになってしまった。
次回は涼しい冬に、ルクソールを中心にまわりたい。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。