スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新学期スタート(9月21日)★

P1040593.jpg


いよいよ新学期開始。
フラッグセレモニー(全校朝礼)に来ている生徒の数も、
各クラス15-20名とまだまだ少ないが、
先生も7-8割程度なので、こんなもんだろうか。
時間割も昨日ようやく完成したようなので、
何とか今日から授業がスタートできそうだ。



昨年に続いて思うこと、
1年生の生徒数(特に10歳以上の女子)が2年生以上に比べて異常に多い。

初めは家庭の都合で、年度途中で泣く泣くリタイアせざるをえなかったり、
せっかく学校に来たにもかかわらず、授業内容が物足りなかったりするため
途中で来なくなって、もう一年かと思っていたが、
そうではないらしい。

地方では通学途中の誘拐事件も年に何件かある様子で、
その被害にあわないように、
少し大きくなってから、親類縁者のつてをたどって首都に出てきて、
小学校に通う児童が多いということだ。

しかしながら、2年生になると、他の学年と同じ人数に落ち着いているため
高年齢の児童の学校定着は、一筋縄ではいかないようである。



日本では「飛び級」が話題になるが
幾分、体の発達が遅い生徒は、親の判断で学年を遅らせられるようになれば、
授業の不理解で、ついてゆけなくなる生徒も幾分減少するのではないか。
実際、田舎から出てきている、年齢が通常より何歳か年上の生徒は
他の生徒より理解力に優れ、成績も良い。
大学受験の際に、何年も浪人するよりは効率的なのではないかと思われる。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。