スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Red Cross Walk ★

DSC00812.jpg


目的は、エチオピア赤十字教会のチャリティー資金集めのウォーキング
プラス、知名度を高めるために、毎年行っているもののようだ。

今年は、同じコンパウンドに住むG7のフェブンから
「今週の土曜日にあるのだけれども参加しないか。」と誘いがかかったため、
サイエンスファン撮影でもお世話になっているので、
参加してみることにした。
彼女は、学校でクラブに属しているようだ。

コースは、マスカルスクエアから、メキシコを経て、北上し
アンバサダーを経て、スタート地点に戻る、約6キロの行程。


DSC00815.jpg
フェブンの学校の友人と共にスタート地点に行き、
そこで、参加者用のポロシャツを購入。
前面にはアムハラ語、背面には英語で
「Walk for Humanity」と、書かれている。

式典後、封鎖された大通りを先導に従って、のんびり歩く。
参加者は数千人程度。
グレートランほどの盛り上がりはない。

お祭り好きなエチオピア人らしく、
高校生や大学生は、集団で集まって
何やら騒いでいる。
どこの国でも年齢ごとの発達過程は同じようだ。

DSC00818.jpg
★フェブンとその友人


全行程を歩いてみて、暑くもなく寒くもなく
よい運動になった感じがする。
ここちよい季節を選んだものだ。

残念だったのは、ゴール地点で配布している完歩記念のバラを
一人で10本―20本持って行く輩が多数いたこと。
おかげで、もらえない人が続出。

「Walk for Humanity」の意味って、なんだろう。
と思った。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。