スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新人教員の授業研究(10月25日)★

今日の4限目、理科部会の役職2人組が
新人物理教師を囲んで、何やら真剣に話しこんでいる。
彼は、大学を出てすぐに、この小学校に赴任してきた。

役職の一人、タバブに後で聞くと、
彼は、まだ、クラスマネージメントや授業のやり方など、
不慣れで、分からないことも多いだろうから、
授業に慣れたころを見計らって
授業見学をさせてもらい、その後にアドバイスをしていたとのこと。



新年度始まってすぐ、経験のない先生に、
G7とG8の物理の授業をすべて持たせるのは、
いくらなんでも大変なのではないか。
(うちの学校では、たいてい、一人の先生でひと学年、2クラスをもつ)
と思っていたが、

一応、気にかけては、いるようで
その一つとして、小規模の授業研究が実施されたらしい。



その数日後、彼が実験のマテリアル棚を熱心に
あれこれ見ているときに、話をした。

来週のトピックで
電磁気で、磁界を取り扱うようで、
効果的に説明できるマテリアルを探していたようだ。

彼の知っている、実験を見せてもらった後に、
十分に褒め称えた後、
改善点や、類似の実験を含め、役に立ちそうなアドバイスをした。
物理教師タカリほど、積極的ではないが
今後もぼちぼちと、実験に取り組んでくれそうな気がする。
(タカリは今年は、生物に変更。)

次回は、実際の授業の様子を見せてもらいたい。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。