スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の中の少年へ★

s-13.jpg


英語学校の宿題で
「あなたのパッション(情熱、愛着)をテーマにプレゼン案を考えよ。」
と言うのが出た。
毎回、何人かに発表させるらしい。
初めは、趣味のスキーやサーフィンについて語ろうかとも思ったが
エチオピアでは共に知られていないスポーツなので、今回は断念した。

「じゃあ何を話そうか。。。」
と思ったときに、PCの中に入っている、家族の写真を思い出した。
ちょっと方向性が違うけれど、エチオピア人に受けるはず。。。
と言うことで、まずは写真選びから入った。



日本で選んだ時は、そうとは思わなかったのだが、
時期によって、自分の顔なのに、
顔つきが全く違ってくる。
高校生の時の写真などは、「これ、私じゃないでしょ。」と思うほど

今のエチオピアで活動している私の顔は
何年か経ってみた時に、どう見えるのだろうか。
気になるところである。



今回、プレゼンに選んだのは、上の写真。
千歳あめの袋と、弟の様子から、5歳の時の写真と思われる。
はにかむように、写真に写っているが
この時の私は、何を思っていたのだろう。。。

ひとつ記憶にあるのは、「このまま、幼稚園だったらいいのにな。」
と思っていたこと。
その断片だけが、頭の片隅に残っている。
幼稚園が好きだったのか、大きくなるのが不安だったのか。
今となっては不明である。



それから約30年たって、今の私があるのだが、
5歳の時の私と、もうすぐ35歳になる私
何が変わって、何が変わっていないのか。

持って生まれた、
意地っ張りで、やんちゃで、親の言うことには、耳を貸そうともしない
性格は今もって健在であり、
その頑固さがあるから、今ここで周りの環境から
ガツガツタックルを受けても、モノともせずに立ち続けているわけだが、
ちょっぴり疲れ始めているのも事実。
自分の「現実的な」夢は、たいてい実現させてしまったから、
この後の自分の足取りがちょっと心配なのだ。



おい、そこの少年よ。
私の「本当の」夢はなんだったのか、教えてくれないかなあ。
口やかましい、お父さんや、お母さんには内緒にしておくから。
35のおじさんは、毎日の単純なルーティンワークに目が回って
頭がちょっぴりおバカになっちゃった気がするんだ。

そんな難しいことを急に言われても、困るか。
そうだ、少年よ。
今はちっちゃくって、お父さんやお母さん無しでは生きられないけれど
もし、体も大きくなって、お金もあり
自分で自由になんでもできたら何がしたい。
おじさんに、内緒で教えてくれないかな。

なに、耳を貸せって?
そうか、おじいちゃんと一緒に南極にクジラを見に行きたいか。
そういえば、お前はおじいちゃんが大好きだもんな。
いくら、おじいちゃんが、クジラはでかいんだぞーって言っても、
見てみないと分かんないよな。



よし。
もし、お前がおじいちゃんと一緒に南極に行けなくなっても、
ちゃんと、お父さんとお母さんの言うことを聞いて
一生懸命英語も勉強して、協力隊なんぞに合格したりしたら
おじさんが、将来必ず、お前を南極に連れてゆくことを約束しよう。

そんなに難しい顔をしなくても大丈夫さ。
お前だったら、絶対出来る。

じゃあまた、いつの日か会おう、
私の心の中の少年よ。

【追記】

実際のところ、
「教員以外に、楽しくってやりがいのある仕事は他にないんじゃないか。」
と思ってはいるものの
今の職場を定年まで続ける自信はない。

方向性は間違っていないにしても、
転機の今、もう一度
「まっさらな状態から考えてみたい。」
と思ったときに、昔の自分の写真に出会った。

梅酒を飲み飲み、筆を進めていたら
思わぬところで、昔の記憶にたどり着いてしまい
祖父の話のところでは、不覚にも涙してしまった。



私の家庭は、両親が共働きで、帰りが遅かったため
幼少時は幼稚園の送迎から、風邪をひいたときに病院へ連れてゆくのも、
全て捕鯨船の無線技士を引退した、祖父がやっていた。
そのため、めちゃめちゃおじいちゃん子だった。
いつしか、祖父と旅に出ることを
子供心に望んでいたのかもしれない。

残念ながら、祖父は10年前に他界したため
今となってはかなわない夢である。



もう一度、好奇心の赴くところから始めてみるのも、
新しい発見を促すための、一つの手ではある。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。