スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日、修了式(退所式)★

090612_1412~01

やった~!
無事、修了することができた。ウルウル
式自体は、お役所張りの、幾分堅苦しいものだったが、所長からじかに「修了証書とエンブレム」をもらえたのは感慨深げ。
訓練終了後には「訓練生」が「ボランティア」に昇格。
その証明が、胸につける「エンブレム」。
いままでの「ただのブレザー」が「JOCVの制服」へと変わった瞬間だ。


090611_1158~01

その後の壮行会では、皆で「旅立ちの日に」を合唱した
ちょっぴり、昨年度の中学校での「卒業式」のことも思い出した。
別れ惜しい、仲間たちと写真をバシバシとった。
たぶんというか、おそらく彼らとは、2度と会わないし、会えない。

今日までは、隣の部屋のドアをノックすれば会えた仲間とも、距離も時間も届かない距離に追いやられる。
出会いがあれば、別れがあり、
始まりがあれば、終わりがある。

できれば避けたいが、決して避けられないこと。
これも途上国に行ったときのための訓練の一つなのだろうか。
はあ、無念だなあ


090611_1318~01

そして、別れを惜しむ間もなく、訓練所を出発
二本松駅からは列車組とバス組で、お別れ。
東京行きのバスには約50人のJOCVが乗車。
バスでは顔はよく合わせるが、あまり喋ったことのないAさんの隣に座らせてもらった。
はじめは共通項はなさそうに思えたが「マクロバイオテック(ある種の食療)」で、つながった。
ここでは、世界は、レアなつながりが、頻繁にある。
例えば、普通に生活していれば100分の1ぐらいの確率でしか遭遇しないようなことでも、ここでは10分の1ぐらいの割合で普通に存在していることもあったりする。

あまり皆さん口にはしないが、学歴も非常に高い。
留学(語学留学ではない「本物の留学」)、大学院もざら。
はじめは、「仕事がなかなか決まらず、モラトリアムの延長で。。。という人も多いのだろう。」
とも思っていたのだが。一流企業でも、バリバリ仕事をこなせる人ばかり。
そういう環境で、共に学べたことに非常に感謝。。。


夜、宿泊先のホテルでくつろいでいると、突然、携帯のアラームが鳴りだした
「なんだ?」と思って、覗き込むと「10時38分」。
研修所での、「夜の点呼」の時間だった。
すべての、一つ一つの出来事が過去になりつつあるんだなあ~。
そう感じた。

スポンサーサイト
コメント

Good Luck!

ホントに慌しくお別れになってしまいましたね。
またいつか会える日まで、お元気で♪
See you again & Chook dii na ^o^
(Thai語でGood Luck!)

Re: Good Luck!

ほんとに、最後の最後まで、あわただしかったですね。
その分、帰ってきてから気が抜けちゃいました。

おかげで、早くも2キロ近くもやせちゃいました。。。
これでは、エチオピアに行く前に、貯えが消費されてしまいそう。

お互いに、健康にだけは気をつけてぼちぼちやりましょう。
よさこい等の日本文化を広めてきてくださいv-218
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。