スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年度の「サイエンスクラブ」スタート(12月23日)★

vlcsnap-2010-12-26-22h59m23s102.jpg


新学期開始から待つこと、約3ヶ月。
ようやく、サイエンスクラブがスタートした。

新学期、始まってそうそう、誰が促したわけでもないのに、
教科リーダーのアルマズが
「今年は、水曜日の午前中の中休みに、毎週教科会議をやります。」と宣言し、
今年は、去年のリーダとはちょっと違うか??
と期待したのもつかの間、
会議は、たったの3週間で開かれなくなった。。。



私は、特定の先生だけと情報共有し、
「あの人だけと情報共有して、こちらには何も教えてくれない!」
なんてやっかみをもたれるのが、嫌いなので、
昨年は、会議の場でしか、
理科の先生に対するお願い、理科室での決まりなど
協議事項を提案しなかった。

しかしながら、それでは、全く何も話が進まないので
今年は、まずは同僚の化学教師であり、理科部会の書記であるタバブに話をし、
「会議で話をしたほうが良いだろうか。」と聞いたうえで
(たいていは「問題ない。」と返されるのが分かっているのだが、)
彼からの提案を受けるなど議論したうえで、
私が、勝手に進めることが多くなった。



私としては不本意なのだが、
「今週は、忙しい!」「近いうちにする。」等と言って、
取り合ってくれないのであれば、そうするしか方法がない。

昨年度、JICAの担当調整員に
職場での様子を相談した時も、
「『はい、はい』と受けておいて、実際にやらないのは、
相手を傷つけない、一種の否定の仕方ではないか。」と聞いていたので、

喧嘩にならない程度に中庸をとるのがベストなのではないかと
今は思っている。



サイエンスクラブも、昨年度は私がやる気満々で
同僚の尻をせっついていたら、
険悪な雰囲気になってしまうことが多々あった。
今年は同僚が一仕事つくまで、
彼らのやる気が出てくるまで、待っていたら
「3ヶ月後の今」になってしまった(笑)。

今年は週2回(水・木)で、
1回は昼休み利用の30分程度で済むもの
もう1回は放課後利用の1時間程度のものと言うことになった。

水曜日の放課後にオリエンテーションをして、
本日の放課後には、私が主導で
基本実験の一つである「二酸化炭素の発生」をした。

vlcsnap-2010-12-26-22h55m54s164.jpg


慣れない手つきではあったが、
「石灰水での呼気確認」や「気体の回収方法」を
楽しんでいた。
まずは、成功と言うところか。

今後の進み具合が楽しみだ。


vlcsnap-2010-12-26-23h02m16s148.jpg


[広告] VPS

※動画の初めに、男子生徒が怒られて口の周りをふいているのは、
「ストローで呼気に含まれる二酸化炭素」を調べるときに
勢い良く吹いて、石灰水がはねたためです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。