スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスパーティー★

vlcsnap-2010-12-26-23h08m57s254.jpg


エチオピア人にとっては、ただの週末なのだが
今週土曜日はたまたま、たまたま「クリスマス」が重なった。
(エチオピアクリスマスは、来年の1月7日。)

隊員には、新隊員の歓迎会や、隊員の送別会を企画する「企画委員」
というものがあるが、
お祭り好きの企画委員Iさんは「せっかくだから。。。」と、
クリスマスキャンプを企画してくれた。

アジスから2時間程度南下したところにある
「ナガシロッジ」という、ちょっとおしゃれな、バンガロー風の宿泊施設
http://negashlodge.com/index.htm
へと向かった。



今回の参加者は、アジス隊員を中心に17名。
ミニバス2台を片道1400ブルで契約し、皆で話しがら現地へ向かい、
お昼ごろに到着。
予想していたより、暑くなく、
チェックインの後、昼食として
女性陣が、朝早くから作ってくれた、おにぎりをいただいた。

その後は、昼寝をしたり、プールに入ったり、
ちょっと飲んだり
で各自自由に過ごした。

夕食は、ホテルのレストランにて、
ちょっと高級な料理に舌鼓、
食前酒まで出してくれるような、贅沢な夕食でした。

vlcsnap-2010-12-26-23h21m01s120.jpg


ここの宿泊施設の特徴は、
エチオピア各地の民族の住まいを模倣した、特徴あるバンガロー。
建物はその民族の名前で呼ばれている。
私の住まいは「コンソ族」のバンガローで、4人用の建物。
作りによって、2人用から5人用まで、さまざまである。

夕食後は、大きめのバンガローに、全員集合して
お酒を飲み飲み、深夜まで、語り合った。

今回は、帰国隊員も2名含まれていたので、
彼らを「送る歌」として
H隊員が替え歌を作ってくれて、
それをみんなで歌ったのが非常に心に残った。

多くが社会を経験している隊員なのだが、
久しぶりに「大学生」に帰ったような気分で楽しめた。
「あー、こんな時代もあったなあ。」と。



翌日は、ちょっと遅めの朝食をとり、
その後、10人くらいで屋外の温水プールに入った。

水質は、良いとは言い切れないが、
「温水」をふんだんに使ってくれているのがありがたい。

25mプールの一部を使って、
個人レースをしたり、チームリレーをしたり
あっという間に、チェックアウトの時間が来てしまった。

vlcsnap-2010-12-26-23h13m22s24.jpg



数週間前の自分の誕生日のときは、
なんとなしに過ごしてしまったが、
みんなで、楽しく過ごせる機会と言うのは、非常にありがたいと思った。

※なお、今回の2日間の出費(食費等すべて含む)は、
一人当たり660ブル(約3300円)
 さすがは、敏腕幹事!!

スポンサーサイト
コメント

おーナガシロッジ

いつも楽しく拝見させてもらっています。京都大学でエチオピア研究をしている院生です。ウォリソは僕のフィールドでナガシロッジ、たまにシャワーあびにいきます。よくJICA関係のかたともばったり会うのですが、ブログにのっていて大変感動しました。

Re: おーナガシロッジ

研究活動お疲れ様です。
私はアジスの涼しいところに住んでいますが、標高が低いところに移動するととたんに暑くなり、
「私はこんなところでは生活できない。。。」なんて思ってしまいます。
以前、女性隊員の家で夕食をごちそうになった時、「ゆいちゃん」と呼ばれる京都大学の女性にはあったことがありますが、エチオピアに研究に来ている日本人が他にもまだいるとは知りませんでした。
ブログをちらとのぞかせてもらいましたが、お体には気をつけて活動に励んでください。

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。