スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブズネシからの招待(1月30日)★

P1050315.jpg


ブズネシとは、ドミでクリーナー(清掃員)として働いている
女性の名前である。

先日、先輩隊員のIさんから、メールがあり
「N隊員を含め、計3名を夕食に招待したいらしい。」と言うことで
せっかくだからと、同意した。

ドミ管理員として彼女には非常にお世話になっているため、
意識的に、あいさつをしたり、
Jフェスティバルの招待チケットを渡したり、
してはいたが、それほど深く話をしたことはなかった。
(私はアムハラ語がだめで、向こうは英語があまり話せないから
 話そうにも話せないのだが。。。)



N隊員は事情でこれず、Iさんと2人で待ち合わせ場所のドミにいたが、
一番驚いたのが、迎えが「ランドクルーザー」だったこと。
エチオピアで、清掃員として働くのは家が貧しい場合がほとんどであり、
携帯電話がそこそこ、よさげなもので、
Jフェスティバルの際の服装も高価そうだったので、
「???」とは思っていたのだが、
迎えの車には、驚いた。

聞くところでは、お父さんの車らしい。
ドライバーはお兄さんだった。
家に近づくと、実家が「写真屋」を経営していることが分かった。
でも、そしたら、なぜ彼女は
「清掃員」と言う仕事を選んだのだろう。。。



P1050317.jpg

今日は、エチオピア正教の関連のお祭りらしく、
近所から多くの人が訪れていた。
彼女は、既婚で娘も1人いる。
大家族で住んでいるようだ。
(携帯電話を持っているのが、ブズネシの娘。)

会話は、アムハラ語が堪能なIさんを仲介し、
3人で、世間話をしたり、
私が持参したPCの中から、K隊員作成の「日本紹介映画」を見たり
「私の昔の写真」シリーズを見ながら、日本について話をした。

料理もお祭り用の肉を中心としたもので
非常においしくいただきました。



お礼に、今日撮った写真をプリントアウトして
週明けにでも渡すつもり。

家庭の楽しい雰囲気を味わえて、幸せでした。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。