スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エチオピア南部諸民族をめぐる旅 5日目(2月5日)★

vlcsnap-2011-02-09-16h08m20s196.jpg


本日は、早朝から、幾分北上し、ジンカに向かう。

南へ南へと向かうときは
地形の移り変わり、家の立て方の違い
などが徐々に原始的なものに変わってゆくのが、
新鮮で楽しかったのだが、

今回は、もっとも原始的な原型をとどめている民族を
昨日、十二分に見た後だったので、
他の民族がちょっと通るぐらいでは驚かなくなっていた。


vlcsnap-2011-02-09-16h12m58s221.jpg


3-4時間走って、目的地に到着、
昼食を食べ、一息入れてから
マーケットを見に行く。

もう少し、伝統衣装を着た各種民族が見られるのかな
と思っていたのだが、
たまに、独特な衣装・髪形をしたムルシやアリの民族が見られたが、
ほとんどのひとが、洋式の服装・髪型をしていたので
幾分期待はずれだった。

マーケットの様式は、大きな広場に、プラスチックシートなどを広げ
その上に、自分の売りたい商品を置いて販売していた。
衣類、野菜、スパイスなど、それぞれの分類ごとにエリアが決まっているようだった。
形式は、エチオピア一般で見られるやり方で、
エチオピアに1年半いて、そこそこ知っているために
物足りなかったのかもしれない。



その後、民族博物館を訪問する。
外国の資本が幾分入っているらしく、
各種民族ごとに、丁寧に分類して、展示してあったので
そこそこ分かりやすかった。

また、途上国でありがちな、
ほこりをかぶり、ラベルがはがれた、正体不明の物品が
ごみになっているような様子も見られなかったので、
地方の博物館にしてはよくできていると思った。

その後、文化人類学者の両親を持つ兄弟が
ハマー族の村に家を建て、その村で生活する様子が
ドキュメンタリータッチで紹介された、ビデオが印象的だった。
時間の都合上、すべて見られなかったのが残念でした。


vlcsnap-2011-02-09-16h14m01s13.jpg

その後、
ガイドが「アリ族の村が近くにあるから、訪問するか?」
と言われ、期待していたのだが、
多くの衣装が、様式で、民族独特の家屋も
徐々にトタン屋根に変わっているような場所で
一応、アリ族には違いは無いのだが、

観光客に紹介するのであれば、
もう少し、より原始的な部分を残したような
村を紹介してほしかったなあ、と思った。



まあ、ハイライトの観光地を見た後は
やっぱり、見劣りするのはしょうがないものなのだろうか。
明日は世界的に有名なムルシ族(下唇に皿の入った民族)の村を訪問予定。
こちらは、ガイドにもある程度のリクエストをして、
そこそこよさげな村を紹介してもらいたいと思う。


※一番上の写真中央の緑のTシャツがアリ族女性の伝統的な服装
 短い腰布がアリ族男性。


[広告] VPS
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。