スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私立女子学校訪問(2月25日)★

vlcsnap-2011-03-02-13h34m57s66.jpg


うちの前校長から「セミナーをしてほしい!」と依頼を受けていた
私立学校の訪問に行ってきた。

カトリックの女子学校で、校長がフィリピンの方
と言う理由からかもしれないが
「チャイナ!」などの呼びかけも一切ない。



仲介の副校長に、校内を案内してもらうことになった。
ちょうど、休み時間に入るところで
生徒がぞろぞろ教室から出てきたが、
全員が「女子」と言うのはやっぱり、変わった感じがする。

しかし、遊び方は一緒で、
大勢がゴム飛びやバレーボールを楽しんでいた。



低学年の校舎に行くと、1-4年生が整列をしていた。
建物の作り上、私たちが、上から生徒を見下ろす形になった。
始めは、数人がこちらに気が付き、
「外国人のお客さんだ。」と、手を振り始めた。
あたりが徐々に騒々しくなってゆく。

試しに、こちらから手を振り返すと
「キャー!!」と大声をあげて、皆が手を振り返してきた。
まるで、私がポップスターにでもなった気分。

逆に、こちらがたじろいでしまい。
撮影することができなかった。
女子パワー恐るべし。。。

vlcsnap-2011-03-02-13h37m28s23.jpg




その後、実験室を見せてもらったが
レベルはインターナショナルスクールレベル。
器具も揃っているし、生徒実験ぶん十分ある。
実験室の様子から、頻繁に使っている様子が見て取れる。

「私は、エチオピアでは政府の小学校で働いている。
手作りの実験器具を作るのは、数が足りていないためである。
ここは、インターナショナルスクール並みに十分設備が整っているので
私等の助けは不要である。」
と、セミナーについては、辞退することにした。



あと、驚いたのが図書館。
数学にしろ、理科にしろ、自習できるテキストが数多くそろっている。
英語の少年文学のハードカバーの本がズラーーッと並んでいたのに感激した。
こんな学校だったら、生徒も勉強が好きになるな。
なんて思った。


★ その時に会った、物理の先生が後日、うちの学校の理科室を訪問した。
小道具が好きな先生のようで、手作りの小物に感動していたようだ。
うちの学校も改めて、見直すと、意外なものがあるのかもしれない。
どうなるかは分からないが、情報交換として、うちの学校の先生とは、今後も交流を続けてもらいたいと思った。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。