スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリンタ故障(3月30日)★

P1050702.jpg


エチオピアに来るときに、携帯可能な小型のプリンターを購入した。
インクもカートリッジで黒とカラー各約10個を持参したが
それ以外に、格安の「補充用インキ」も持参した。

始めは、カートリッジを使っていたのだが、
インクの減りが思いのほか早かったため、途中から
「補充用インキ」も併用し始めた。

しかし、補充用インキを使い出してから
印刷のときにかすれることが多く、
「ノズルクリーニング」をすることが多くなった。



そして、今日も、なかなかインクのかすれが直らず、
「ノズルクリーニング」を繰り返していると
「廃インク吸収体がいっぱいになりかけています。
このまま使い続けると、印刷できなくなります。
早めに修理受け付け窓口で、廃インク吸収体の
交換依頼をしてください。」の表示が現れた。
大学を出てから、インクジェットプリンターを使い続けてきたが、
「廃インク吸収体」のようなものがあるとは知らなかった。。。

いろいろ調べてみると、
ふちなし印刷や、「ノズルクリーニング」を繰り返すと
「廃インク吸収体」にインクがたまってゆくようだ。



「廃インク吸収体」は、個人では交換できず、
日本の修理センターにて取り換えてもらう必要があり、
約8000円かかるそうだ。
1個約400円のインクカートリッジをケチって、
「補充用インク」を使い続けたため、かえって高くついてしまった。

しかしながら、初めて「廃インク吸収体」の存在を知り
勉強になりました。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。