FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花粉管の伸びを見る実験(4月12日)★

P1050927.jpg
P1050937.jpg


来月末の生物セミナーに備えて、応用実験として
顕微鏡を使っての「花粉管の伸びを見る実験」を何度か試した。
日本では、校地内に生えているツリフネソウの花粉でやっていた。

【やり方】は、いたって簡単
10%程度のスクロース溶液を用いて寒天の粉を溶かし、
それをスライドカラスにスポイトで数滴落とす。
固まった後で、中心に雌しべを置き、
その周辺に花粉をぱらぱらまく。

数分で、花粉管が出始め、
見事なまでに、雌しべに引き寄せられる。



これが見たくて、ここエチオピアでもチャレンジした。
始めは、誰でも準備できやすいようにと、
市販のゼリーの素を使ってみた。
花粉とめしべは、樹木や花壇に植えられている花から4種類を採取。

2度やって、2度とも失敗。
1回目は昼前に花粉を採取し、実施。
日本の事例でも、なぜだか、9-10時ころが最大に花粉管が伸び、
午後では、ほとんど伸びない。
このため、2回目は、早朝にやってみたが、同様に失敗。

仕方がないので、日本と同様の実験材料の「寒天」で試すが
再度失敗。
原因不明。。。



考えられる最大の理由は、「今が乾季」であるということ。
花粉は受粉の後、花粉管を伸ばし受精する。
その後、胚珠は種子になり、種子は、地面に落ちて発芽する。
乾季は当然のことながら、降水が少なく、発芽しても枯れてしまう可能性が高い。

種子の発芽は、「水」が不可欠になるため、
花粉管の伸びと、乾季と言うことを関連付けるのは
一足飛びで、飛躍しすぎなのかもしれない。

しかしながら、これこそ、自然の摩訶不思議、
「出ないものは出ない!!」
と言うことで、一度雨が降って落ち着いた後、
湿度が幾分高い時にでも再チャレンジしようと思う。



★写真は花粉の顕微鏡写真と採取した花
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。