スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イースターの招待(4月24日)★

vlcsnap-2011-04-27-00h43m48s29.jpg


一時と比べて、喫茶店で見るテレビのニュース(BBCなど)で
「東日本大震災」に関するもの
(主に原子力発電所の問題についてではあるが)が
随分と減った気がする。

事態が収束に向かって来ているのか、
視聴者の関心が薄れてきたためなのかは
国外にいる限り、肌で感じることができないが、
前者であることを願いたい。

余震も未だ、続いているようであるが、
被災者に置きましては、一刻も早く
以前のような日常生活が送れるようになることを
心から願っております。



さて、エチオピアは今週末
クリスマスと並ぶ、二大祭典のひとつ「イースター」でした。
しかも、金曜日から「エチオピアングットフライデー(祝日)」
でお休み。
生徒は十二分に、祭典を楽しんだのではないかと思います。

このイースターの特徴は、
イースターの前日までの約2カ月、
エチオピアン正教徒は「肉断食」をし、
今日が2カ月ぶりに、肉を食べ始める日であるということ

街の肉屋は、この間、商売あがったりなのだが、
数日前から再び商売が再開され、おお賑わいである。
また、鶏、ヒツジ、牛などが道端に連れてこられ、
各家庭に引き取られて(購入されて)行くのもよく見かける。



お肉屋さんで、細切れにしてもらったほうが楽だと思うのだが、
伝統的に、生きたまま家に連れて帰り、一家の主
(もしくは、それに代わるひと)が、家畜をさばくことが多い。
ウシなんて連れて帰った日には、どうなるのか??
なんて思うのだが、
それが、祭りの花なのだろう。

今回は、同僚の化学教員タバブが、
帰国間近で、せっかくだからと家に招待してくれた。
両親ともに学校の先生
兄弟も勢ぞろいして、お祝いの豪勢な食事をとった。

家は決して広くはないが、
その分、賑わいを感じることができて
楽しい昼食会になりました。


[広告] VPS


★動画は、にぎやか好きのお姉さん
「バッカ」とは、アムハラ語で「もう結構、十分」の意味。
スポンサーサイト
コメント

コメントありがとうございました!

>しんのすけ3さん

お返事遅れまして、済みませんでした。
先日、私のBlogにコメントを頂き、ありがとうございました!
お祝いのお言葉、ありがとうございました!!
しんのすけ3さんは、理数科教師として既にエチオピアで働かれておられるのですね!!
凄いっ!!これからしばしばBlog拝見させて頂きます☆
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。