スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザンビアの隊員生活★

vlcsnap-2011-05-15-20h56m15s181.jpg


ザンビアの同期であるN隊員の配属先の小学校も、郊外にあった。
首都からバスで4時間程度離れたステップの中の集落にある。
学校の前がその町の市場街や商店街、飲み屋街をかねている
いわゆる繁華街である。
校地に門や柵なども無く、運動場をはさんでいきなり校舎が立ち並んでいる。
窓ガラスのわれもちょっと気になるところ。

N隊員もタンザニアのK隊員のように、校地内の官舎に住んでいるらしい。
アフリカ諸国では、特に地方配属の学校隊員は、校地内に住むことが多いようだ。
理由を聞くと「繁華街に外国人が住むのは危険性が高いため」らしい。
確かに、同僚が近くに住んでいるのは、非常に心強い。

N隊員の間取りはリビング、寝室に台所。トイレは外。
電気は学校から引っ張っていてあるが、
水道は共同井戸を使っている。

タンザニアのKさんところから比べると、電気のある生活は非常に魅力的である。
電気が無いと、日没後は寝るしかなくなる。
K隊員のところは、水道は通っていたが、断水があることを考えると、逆に井戸のほうが
手動でも確実に水を確保できるので有用だと思った。
(井戸枯れなど将来的なことは除く。)



N隊員のところは、学校が来週からスタートのため
生徒の活動は見学できなかったが、
自主補習の生徒の授業は見学できた。

高校生の授業だったが、先生はすべて授業を英語で進め
生徒も問題なく聞けているようだ。
そういえば、N隊員に挨拶する生徒も
流暢な英語を使っている。
ザンビアでは英語の理解度は高いようだ。

エチオピアでは、ある地方の言葉が、共通語として採用されているが、
ザンビアでは、公平性を保つため、英語が共通語となり
公共放送のラジオやテレビでも英語で放送されている。
エチオピアではアムハラ語、タンザニアではスワヒリ語で
公共放送が行われており、日常的な生活言語が何かと言うことと、
英語の習得度合いが非常に深い関係があると思われる。

vlcsnap-2011-05-15-20h59m40s219.jpg
※写真は、補習中の高校生


学校の教科書について、N隊員に直接聞くところでは
ザンビアの長年の習慣で
「教科書は先生だけが所持するのもの」との考えがあり、
普通の生徒は教科書を持たずに学校に来る。
(購入しようにも、教科書が1冊1000円程度と高価で買えない。)

そのため、教科書が無いことを前提に授業を進めざるを得ず
無駄な板書に時間が割かれることが一番の問題らしい。



「やれ、生徒中心型だ、グループ討論だなど
枝葉末端な、かっこいい教え方を考える前に、
まずは、教科書の価格を下げ、誰でも持てるようなシステムを作ることが
何よりも必要なことであろう。」
と述べていた。

タンザニアでも教科書は高価で一般生徒は持っていないのが普通である。
(エチオピアでは、学校一括購入で年度ごとに生徒に貸し出すのが一般的。)

根本的なことを改善するには、非常に時間がかかる。
しかし、それに目をつぶっている限りは、成功に近づいたように見えても、
本質的な解決にはなっていないことが多い。
本当のことを分かっているのは、長年現場で働いている現役教師である。
彼らの意見(建前でなく本音)を吸い上げるシステムを
作り出すことこそ、今最も必要なことではないだろうかと思った。



★動画は首都ルサカにて、自治体が運営する「コミュニティースクール(小学校)」
の運営にかかわっている同期のI隊員の配属先。

[広告] VPS
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。