スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

配属先小学校での送別会(5月27日)★

vlcsnap-2011-06-05-21h52m42s215.jpg


週はじめの月曜日に、同僚のタバブが
「今日の午後、時間があるか。」と聞いてきた。

「何か」と問い正すと
「近々、アベベ(私)の送別会をするんだけど、
そこで手渡す、お土産を買いに行きたい。
同僚には、秘密にしておけと言われているが、
せっかく渡すものならば、気に入ったものを上げたいので、
一緒に見てもらいたい。」と言うことだった。



立て込んではいたが、せっかくの機会なので
一緒に出かけることにした。
街中から幾分離れた、ツーリストプライスが適応されないような場所でのお買い物。
品ぞろえは、修学旅行生相手の京都のお土産屋に近い。

始めに、私に渡すエチオピア人服の柄選びとサイズを合わせて、
その後は、「これはどうだ。あれもいいぞ。」
とは言われつつも、他には何も買わずに
ウィンドウショッピングを楽しんだ。



vlcsnap-2011-06-05-21h55m53s136.jpg


今日は、ナショナルエグザム明けで、授業は午前中のみ、
お昼に私の送別会が開かれた。
まずは、校長から2年間の活動に対するねぎらいの言葉
次に、理科部会を代表してタバブから感謝の言葉があった。


何人かのあいさつを経た後に、私のあいさつ。
2年前の年度休みに入る前、職員の食事会に招かれた時に感じた学校の様子を述べ、
その後の、理科室でのサイエンスクラブのこと、
理科の先生をはじめとする同僚には非常にお世話になったこと
私が帰った後、間もなく新しいボランティアがくるけれども
引き続き、よろしくお願いしたい旨を伝えた。

はっきり言って、全く事前準備をしていなかったので
「やられたかなあ~~。」とも思ったが、
それはそれで、エチオピアらしくてよかったのかも。



その後、プレゼントが渡され、試着。
私の選択は南部のワライタ民族の衣装。
先生の中からは、「なぜアジスの白いやつにしなかったんだ。」
なんて意見も出たが、私の好みと言うことで一件落着。

次に、理科部会のヘッド、アルマズが取り仕切って作った
ランチが振る舞われた。
全員がそろって食べる食事は、これで最後なんだろうな。
愛情こもったおいしい肉のワット(シチュー)でした。

vlcsnap-2011-06-05-21h58m42s11.jpg




「明日からもう来ないのか?」と尋ねられ、
「まだ、3週間は学校に来るよ。」と言うと
なんだか微妙な表情でした(笑)。

※今日、送別会をやったのは卒業試験が終わると
先生によっては授業がなくなり、学校に来なくなるためのようです。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。