スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原子力発電所見学(9月18日)★

2-0.jpg

宿の朝食は、純和食。
スチームライス(普通のご飯)に、味噌汁、漬物、納豆と卵か何かのおかず一品。
初日からおなかを壊されても困るので、納豆は食べさせなかったが、
その他は、不思議そうな顔をしながら「おいしい、おいしい。」と言って食べた。

目を見張ったのは、はしの使い方。
私の後任隊員(私と同じ配属先で後を引き継いでいる隊員)にお願いして
「せっかくだから、お箸を使えるように、教えてあげて。」
と、メールでお願いしておいたのだが、
思っていた以上につかいこなせていて驚いた。

聞くところでは、家でご飯を食べるときに、
インジェラ(と言うパン)をはしでつまんでトレーニングしたそうだ。
その様子が思い浮かんで、つい笑ってしまった。



発電所までの道は海沿いで、アップダウンの細い道を車で走ったが、
前日の夜には見えなかった海の様子がはっきり見えて、
本人たちは、感激していた。
何を隠そう、エチオピアには海がない。
これは彼らにとって、初めて間近で見る海なのだ。



2-1.jpg

原子力発電所についての博物館の見学の後、
しばしの間、海水浴をした。
職場の同僚から借りたボディーボードを各自1枚ずつ持ち
波打ち際で楽しんだ。

塩辛い水に、キャーキャー言いながらも
波乗りを楽しんだ。
私自身も、2年半ぶりでちょっとドキドキした。
日本に帰ってからも、自重していたのだが、
これを機会に、再度はまりそうで怖い。

その後、越前松島水族館で、イルカショー
ペンギンの群れを見たり、サメやカメを触ってみたり
とにかく、時間いっぱいまでたくさん見た。
私は、非常に鮮やかなヤドクガエルの本物が見られたので非常に感激した。

2-2.jpg



その日は、両親の住む実家でホームステイ。
祖母の家にもあいさつに出かけた。
たまたまお祭りで、いとこの一家が来ていたので、
大勢の日本人としゃべられて楽しそうだった。
記念写真も撮りました。


家で晩ご飯のコロッケを食べているところ。
2-3.jpg
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。