スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニバス★

P1000233.jpg

この国では、徒歩の次にミニバス(車体の下部が水色、定員約10人)が交通手段の要になっている。

乗り方
 1)人がたまっているところが、乗車場所
 2)空きがある場合、バスのスピードが落ち、
  車掌が行き先を「ボレ、ボレ・・・(ボレ行き)」という風に連呼する。
 3)バスに向かって手を上げて、知らせる。
 4)乗車後、車掌に行き先を告げ、乗車料金を支払う。80サンチーム(約8円)から

朝晩見る郊外からのミニバスは結構空いていたが、路線によるらしく、市街地からはなかなか、空いているものが見つからない。あいていても、行き先が異なることが多々。
込んでいる車両には、走っている最中から、窓に手をかけて、乗り込もうとする。
エチオピアにしては壮絶な雰囲気。。。



結局、その状況に圧倒されて、ドミトリーの方向に歩きながら様子を見ることにした。
いくらか商店街を過ぎると、バス待ちの人数も減り、30分歩いたところで、バスに乗り込むことに成功した。
途中、幾度となく、「タクシーで帰ろうか。。。」と思ったから、我慢した甲斐があった。
家さがしのときも、バスの路線を考えないと、だいぶ待つことになる。
特に朝晩のラッシュのときは要注意だ。
いちばんいいのは、家の近くですべて用事がすむことだろうけどね。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。