スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベネジクト反応★

P1030131.jpg


生物の先生から
「ベネジクト溶液の反応が見たい。」
と言う問い合わせを受けたので、
準備をしてみた。
手軽に手に入る「砂糖(スクロース)」で、砂糖水を作って試してみたが、反応が出ない。


ネットで調べると「ブドウ糖(グルコース)、果糖(フルクトース)、麦芽糖(マルトース)は反応するが、
砂糖:ショ糖(スクロース)は還元性がないため反応しない。」と言うことが分かった。
とりあえずは、いちばん身近な「バナナ」を乳鉢ですりつぶして、確認。
バッチリ褐色の沈殿ができました。



☆翌日、生物の先生が「40%グルコース水溶液」を入手してきたので、
こちらでも確認。
はっきりとした「赤色」になりました。
P1030130.jpg

テスト週間★

先週の木曜日から、いよいよ「前期試験」が始まった。
私は、前期はG7の化学と物理の授業アシスタントとして、
実験分野担当だったので、試験作成にはかかわっていない。
そのため、試験監督にも当てられず、
その時間を有効利用して、実験器具の改良にいそしんでいる。


取り組むべき課題が多く、気ばかり焦りがちだが
「自分の中で、優先順位を付けること。」
を常に念頭に置き、
「計画したことだけ」は、必ず実施できるようにしたい。
全てをやれるだけの時間はないのだから


☆おまけ
薬さじ作成(竹棒の両はしに小スプーンを加工したものを取り付け)
P1010997.jpg

サイエンスクラブ部員募集(12月29日)★

P1010529.jpg

P1010530.jpg


「少数精鋭のサイエンスクラブを立ち上げよう!」
ということで、部員の募集が開始された。
大体の目安はG5~8の20人弱で、そのうち半数は先生の推薦。

残り半分は「技術力での選抜」にした。
どうするかと言うと、「自力で動く自動車を作り、持参する。」というもの。
「先生からの推薦だけだと、出来の良い坊っちゃん嬢ちゃんばかり集まり活力がない。
受身でない、強いやる気を持つ生徒にも入るきっかけを与えたい。」という、私からの意見。



とりあえずは、全校朝礼で時間をもらって、広報活動を行った。
その際に試作品も見せたが、特に低学年の生徒は食い入るように見ていた。
「ちょっとハードルが高かったかな。」とも思うが、
どんな生徒が来るのか、期待半分、不安半分。

☆上の写真は風船から出る風の力で動くもの
 下の写真はゴムの力で風車を回し、風力で動くもの

授業見学(される側)★(11月17日)

SANY0044.jpg


地方隊員が、アジスに上がってきたついでに、学校の授業見学をやろう!!
という話になり、見学学校の一つとして、私のところが選ばれた。
内容はG7の化学で「化学変化とそのAGENT(作用物質)」。
前回の授業内容の続きだ。

始めに「化学変化を開始するには必ずAGENTが必要だ。」
と、前回の復習をやり、

今回はAGENTとして、
・電気エネルギー
・水
・触媒
がある。

ということで、
・電気エネルギー → 水の電気分解により、水素と酸素発生

P1010080.jpg
(写真は、電気分解装置の製作途中、完成品は後日アップ)

・水 → ふくらし粉に水を加えることで、二酸化炭素発生

・触媒→ ニンジン中の酵素カタラーゼを使い、過酸化水素より酸素発生
SANY0047.jpg


の実験を行った。

見学時間帯の関係上、いつも授業を行う7Aのクラスではなく、7Bで行ったため、幾分と惑いもあったが、興味を引く授業ができたと思う。

反省会では
・後ろの生徒で、実験が見えにくい場合には、立つように指示したほうがよい。
・質問の内容をYES.NO.で答えられるようなものが多かった、内容を考えたほうがよい。
というものもあった。
次回に生かしてゆきたい。

ただ、実験室の整い方は非常に恵まれているようで、皆からうらやましがられた。
同僚の先生方が一生懸命やってくれることは、非常にありがたい。

カラーチョーク★

黒板消しに次いで、
話題をもう1つ

日本では当たり前になりつつある「カラーチョーク」
エチオピアにはないのかな??
とおもい、探してみました。


P1010002.jpg


ありました。
日本のやつよりも、色が豊富で、
1箱に、5色というのは、「クレヨン」みたい

やっぱり、黒板の板書は、カラフルでないとね♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。